【まとめ】ロードバイク通勤の服装。おすすめのウェア&アイテムも紹介。

https://www.ahuro.com/wp-content/uploads/2019/04/cat3_1_question-e1555534815891.png

ロードバイクとかクロスバイクとか自転車通勤がしたいけど服装ってどうするのがいいの?

ロードバイクやクロスバイクなど自転車で通勤する時の服装をパターンに分けてまとめてみました。おすすめのウェアやアイテムも紹介します。

パターン①職場で着替えができる場合

専用のサイクルウェアを着るのが一番

職場で着替えができるのであればロードバイク専用のサイクルウェアを着るのが一番快適だと思います。身体にフィットするのでチェーンなどに巻き込む恐れがなく安全です。

スーツの方へおすすめのリュック

職場で着替えができたとしてもスーツで働いている方にとってはスーツの持ち運びをどうするか?という問題が出てきます。そこで以下の『スーツを持ち運べるリュック』が超オススメです。

スーツ専用のガーメントバッグ(スーツを持ち運べるリュック)がおすすめ

Henty CoPilot Messenger(ヘンティコパイロットメッセンジャー)というバッグでスーツを入れるガーメントケースごとくるくるっと丸めたらリュックになるというシロモノでスーツにシワが付かないのと革靴や他の荷物も入れられるアイデア商品です。

パターン②私服で通勤する場合

カジュアルなサイクルウェアを着る

私服で通勤する場合でもTシャツやポロシャツ、ジーパンなど普通の服でロードバイクに乗ると汗でビショビショになってしまいますので『私服っぽいサイクルウェア』を着ましょう。各自転車メーカーからバリエーション豊かなカジュアルサイクルウェアが販売されてますのでいくつか紹介します。

パターン③スーツで通勤する場合

ロードバイク用のスーツを着る

職場で着替えができない&スーツでお勤めの方は自転車通勤自体が難易度がなかなか高いと思いますがロードバイク用のスーツを着るという方法があります。

スーツのAOKI『アットテックスーツ』がおすすめ

スーツのAOKIから発売されている『アットテックスーツ』は自転車向けのスーツとして開発されていて『縦横に伸びる2WAYストレッチ』『防シワ』『洗える』が売りでロードバイクで通勤するなら一番おすすめのスーツです。
『トリクシオン』という素材で通気性が一般的な素材のスーツに比べて倍近いので汗をかいても蒸れにくく快適に通勤できそうです。

他にも、雨に強い高撥水の素材、ウエストのサイドがゴムで胴回りに自然にフィット、イヤホンコード通し付き、スソ裏にリフレクター、ひざ裏は伸縮性のあるトリコット素材。
などなど細かーーいこだわりが凝縮されています。

アットテックスーツの公式サイトへ

雨が降ってきた時のために持っておきたいアイテム

雨の日は基本的にロードバイクで通勤はしないほうが良いですが通勤途中に雨が降ってくる場合もありますので持っておいたほうが良いアイテムを紹介します。

モンベル U.L.サイクル レインジャケットとサイクル レインニッカがおすすめ

モンベル サイクルレインニッカ

created by Rinker
モンベル

レインジャケットの重量が161g、レインニッカの重量が152gと超軽量でコンパクトなレインウェアです。収納サイズが6x6x13cmと7x7x10cmとかなり小さくなるのでバッグへ簡単に入ります。しかもこのコンパクトさでフードが付いていて脇にベンチレーションもあって快適さが普通のレインウェアより上です。

足元も要注意!モンベル サイクル レインシューズカバーがおすすめ

レインジャケットとレインパンツを揃えても安心できないのが足元(シューズ)です。シューズに雨がしみ込んできたらもう最悪ですのでシューズカバーも持っておいたほうが良いです。モンベルのサイクルレインシューズカバーも軽量&コンパクトで、装着も簡単にできるようになってます。
シューズにフィットするので大雨でもしみ込んできませんのでおすすめです。

パンクした時のために持っておきたいアイテム

瞬間パンク修理剤『マルニのクイックショット』がおすすめ

パンク修理ができる方はもちろんパンク修理セットで修理してもらうのが良いですがパンク修理が苦手な方やパンク修理をしてる時間がない時のためにも挿すだけでパンクの穴がふさがって空気まで入っちゃうという『マルニのクイックショット』を1本持っておくと良いです。

事故やトラブル時のための対策

通勤だけではないですがロードバイクで通勤するとなるとほぼ毎日ロードバイクに乗ることになりますよね。そうするとやっぱり事故やトラブルの可能性は必然的に高まります。例えばパンク以外にもチェーンが突然切れて走れなくなったり、段差で転倒してハンドルが曲がってしまったりといった相手がいない事故やトラブルもあります。
そんな万が一の場合も想定しておいたほうが良いと思います。

ロードサービス付きの自転車保険がおすすめ

上記のようなトラブルが発生した時のためにおすすめしたいのが『ロードサービス付きの自転車保険』です。

おすすめはau損保の『自転車向け保険 Bycle』です。
自転車で事故を起こしてしまった時などに相手に対して賠償金を最高3億円まで保障があったり自分がケガをした時に入院保険などの保障が月々たった360円~で入れます。

このau損保の保険はロードサービスが付いていてロードバイクで走れなくなった時などに電話や専用のGPSアプリを使って連絡するとクルマで迎えに来てくれてロードバイクを載せて自宅などや近くの自転車屋さんへ運んでくれるという特典がついています。

入っておくだけでかなり安心感があるのでぜひ入っておきましょう。ロードバイク(自転車)向けの保険については以下の記事で詳しく書いたので合わせて参考にしてみてください。

【必要?】ロードバイク(自転車)の保険おすすめ6つ【絶対入ったほうがいい】

ロードバイクのおすすめ厳選シリーズ

他にもロードバイクのおすすめのアイテムを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。 ロードバイクのおすすめライト6選!【選び方も解説】 ロードバイクにおすすめのサイコン。迷ったらコレを買っとけ! 【予算5万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【むしろ安いほうがいい理由】 【予算3万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【最初は安くてOK!】 ロードバイクのおすすめヘルメット。選び方と厳選10選 【必要?】ロードバイク(自転車)の保険おすすめ6つ【絶対入ったほうがいい】 【おすすめ】ロードバイク好きなら読みたい漫画7選【全部読もう】 【2019最新】ロードバイクのメーカーごとの初心者おすすめモデル【随時更新】 【まとめ】ロードバイク通勤の服装。おすすめのウェア&アイテムも紹介。 【全部観たい】ロードバイク好きにおすすめの映画10選【今すぐ走りたくなる】