【ロードバイク】初心者におすすめのホイール12選【初めて替えるならコレ!】

ロードバイクを買ってハマってくるとみーんな替えたくなるのがホイール。エントリーモデルなどの初心者向けの完成車についているホイールだとちょっと見栄えも走りもイマイチな事が多いです。

今回は初心者が初めてホイールを替える時のおすすめホイールを選んでみました。ぜひ参考にしてみてください。

ホイールはロードバイクのカスタマイズの中でも効果を体感しやすいパーツです!詳しくはこちら↓

【ロードバイク】ホイールの効果ってあるの?【かなりある!】

とりあえずホイールを替えてみたい人向け!5万円以内で買えるおすすめエントリーホイール

Fulcrum Racing5(フルクラム レーシング5)

最初のホイールといえばフルクラム!

カンパニョーロがシマノのコンポーネントに合わせて作った、フルクラムから発売されているエントリーグレードのホイールです。

カンパニョーロのG3組とは異なり、フルクラムはスポークの間隔が拡がった2to1という組み方がなされています。
フルクラムのホイールの中では手頃な価格で入手出来るのも魅力です。

赤い『5』の文字がアクセントになっており、おしゃれなデザインも特徴です。

手頃な価格でフルクラムを体験したい方や、とりあえずロードバイクのホイールを変えたいという方におすすめです。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF24.5mm/R27.5mm
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1645g(ペア)
定価4万4752円(ペア/税抜) 
実売価格2万~3.5万円(ペア/税抜)

FULCRUM(フルクラム)Racing 5(レーシング5)

created by Rinker

Campagnolo SIROCCO 35(カンパニョーロ シロッコ 35)

見た目が美しいカンパニョーロホイールをお手軽に!

リムハイトが35mmと高めで、巡航性能と剛性が高いホイールです。ロードバイク初心者でも、リムハイトが50mmもあるようなディープリムホイールに憧れがあるかもしれません。

ですがディープリムは風の影響を受けやすく、恩恵を受けるためには相当な脚力が必要です。シロッコのような35mmのリムハイトのホイールを使用して、ディープリムに向けた脚力作りをするのも初心者の方にはおすすめです。

実物を見ると35mmでもインパクトがあり、見た目も美しいホイールです。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF30mm/R30mm
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1654g(ペア)
定価4万9500円(ペア/税抜) 
実売価格3万~4.5万(ペア/税抜)

Campagnolo(カンパニョーロ)CIROCCO C17 (シロッコC17)

created by Rinker

Campagnolo ZONDA C17(カンパニョーロ ゾンダ)

コスパの高さで大人気のホイール

初心者の方がホイールを変えるとき、よくおすすめされるのがこのゾンダです。ゾンダは剛性・重量など全体的なバランスに優れ、その性能を考えると良心的な価格とも言えます。

カンパニョーロのホイールらしい3本の平行に設置されたスポークが特徴的で、その姿に憧れる方も多いでしょう。
ロードバイクに初めから付いているホイールから新しいホイールに変えるときは、ゾンダにすれば『いいホイールの違い』が感じられるでしょう。

G3のデザインも含めて満足度の高い一品でしょう。
ロングライドからヒルクライムまで、とても活躍する相棒になるはずです。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF25mm/R30mm
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1596g(ペア)
定価6万9541円(ペア/税抜) 
実売価格4万~6万円(ペア/税抜)
Wiigleは40%オフで最安値でした。

Campagnolo(カンパニョーロ) ZONDA C17

created by Rinker

Shimano(シマノ)WH-RS500

日本のトップブランド「シマノ」の定評の高さとメンテナンス性の高さで安心のホイール

シマノのアルテグラはコスパに優れ、アルテグラのコンポーネントを使用している方も多いかもしれません。

もちろんアルテグラグレードのホイールも、期待を裏切らない安定性を誇ります。日本の誇るシマノのミドルグレードのホイールで、メンテナンスも簡単なので安心です。

同じ価格帯のホイールと比較すると柔らかく、ハブの回転もいいため、快適に楽しく走りたい方におすすめしたいホイールです。
信号が多く、ゼロからの発進が多い日本では特に活躍するホイールでしょう。見た目は派手じゃないほうがいいという方にもおすすめです。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF24mm/R24mm
リム幅20.8mm(外側)(ナローリム)
重量1649g(ペア)
定価4万8918円(ペア/税抜) 
実売価格3.5~4万円(ペア/税抜)

SHIMANO(シマノ) WH-RS500

created by Rinker

5~10万円くらいで買えるミドルグレードのホイール

Fulcrum Racing 3(フルクラム レーシング 3)

瞬発力とキレの良い加速性に対するコスパの高さに定評

先ほどご紹介したゾンダの兄弟のような立ち位置で、ゾンダに比べてレスポンスに優れたホイールです。短期決戦型でかつ、コスパのいいホイールをお探しであればこのRacing3がおすすめです。

また、そのレスポンスの良さからヒルクライムにも適したホイールと言えます。瞬発力を高めるトレーニングにもおすすめですし、ゾンダと同じく初めてホイールを変えた方でも走りの変化を感じやすいホイールでしょう。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF25mm/R30mm
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1560g(ペア)
定価8万3410円(ペア/税抜) 
実売価格5万~7万円(ペア/税抜)
Wiigleは38%オフで最安値でした。

FULCRUM(フルクラム)RACING3(レーシング3)

created by Rinker

MAVIC Cosmic Elite UST(マヴィック コスミック エリート)

やっぱりディープリムはカッコいい!性能とドレスアップの両方を求める方へおすすめ

マビックのコスミックシリーズといえば、ディープリムでエアロ効果に優れたホイールが多いです。その見た目から人気があるホイールですがこのホイールはリムを低くし、高額なホイールが多いコスミックシリーズの中ではお手頃で初心者にもおすすめできます。

30mmという高さのリムハイトは、平地での巡航性能に貢献しながら坂でも負担にならない絶妙なリムハイトです。手頃な価格で『COSMIC』のホイールを装着でき、ロードバイクの見た目を良くできることも大きな魅力ですね。

リムアルミクリンチャー(USTチューブレス対応)
リムハイトF30mm/R30mm
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1770g(F815g/R955g)
定価7万5000円(ペア/税抜) 
実売価格

Mavic Ksyrium Elite UST(マヴィック キシリウム エリート UST)

人気のキシリウムに大好評のマビックUSTチューブレスが対応されたモデル

軽い踏み心地と転がりの良さ特徴で、安定感のある走りができるホイールです。このホイールはチューブレスタイヤに対応しており、同じくマビックのチューブレスタイヤの『イクシオンプロUST』が装着されています。

耐パンク性に優れたタイヤが装着され、急なバーストで落車するリスクを軽減できます。

チューブレスということで軽量化にも成功しており、重量が試される坂でも活躍します。

コスパに優れたマビックのホイールが欲しい方や、バーストを気にせず安心して走りたい方におすすめです。

リムアルミクリンチャー(USTチューブレス対応)
リムハイトF22mm/R25mm
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1520g(F665g/R855g)
定価9万5000円(ペア/税抜) 
実売価格8~9万円(ペア/税抜)

MAVIC(マビック)Ksyrium Elite UST(キシリウム エリート UST)

created by Rinker

Campagnolo EURUS(カンパニョーロ ユーラス)

性能・デザイン共に高性能なホイール

このユーラスは後述するシャマルとよく比較されますが、カンパニョーロのハイエンドホイールの大きな特徴を抑えつつもコストカットされた優秀なホイールです。シャマル同様、軽量で頑丈なホイールで信頼でき、様々なコースで対応するバランスの高さが特徴的です。

太いG3スポークがかっこよく、シャマルと比較して使用する方も少ないため、人とかぶりたくない方にもおすすめできるホイールです。

また、『高性能なホイールで練習したい』という方にもおすすめできます。使用し続けていれば、カンパニョーロらしい独特のラチェット音も楽しめます。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF26m/R30m
リム幅15mm(ナローリム)
重量1504g(F640g、R864g)
定価11万7273円(ペア/税抜) 
実売価格7.5万~11万円(ペア/税抜)

Campagnolo(カンパニョーロ)EURUS(ユーラス)

created by Rinker

自分へのご褒美に!10万円~15万円くらいで買えるコスパ高めのハイエンド系ホイール

Shimano WH-9100 C24

軽さ・剛性・走りやすさを兼ね備えた世界のシマノ・デュラエースモデル

シマノが世界に誇るデュラエースのホイールです。
軽さと剛性を絶妙にバランスさせており、ベアリングも高性能でストレスなく走ることができます。

ブレーキも天候に左右されにくく、デュラエースらしい安心して正確な走りが期待できます。軽量で扱いやすいホイールとしても有名で、坂を攻める方におすすめしたいホイールです。

衝撃吸収性にも優れ、ロングライドでも活躍する一品です。性能の高さと裏腹に見た目はシンプルですので、ロードバイクの見た目よりもメンテナンスの簡単さや快適性を求める方におすすめです。

リムカーボンラミネートアルミクリンチャー
リムハイトF21m/R24m
リム幅15mm(ナローリム)
重量1453g(F618g、R835g)
定価14万5064円(ペア/税抜) 
実売価格9万~11万円(ペア/税抜)

SHIMANO(シマノ) WH-R9100-C24-CL

created by Rinker

Campagnolo Shamal Ultra(カンパニョーロ シャマルウルトラ)

リムアルミクリンチャー
リムハイトF26m/R30m
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1449g(F623g、R826g)
定価14万1613円(ペア/税抜) 
実売価格9.5万~12万円(ペア/税抜)

人気のハイエンドアルミホイール。万能ホイールといえばシャマルウルトラ!

ハイエンドのアルミホイールで人気のあるホイールがこのシャマルです。全体的に高い性能を持ち、万能なホイールと言えます。

坂や平地など、様々な変化のあるコースで総合的に速く走ることのできるホイールです。また、美しいホイールでもありますのでロードバイクの見た目を気にされる方や、コンポーネントがカンパニョーロの方にもおすすめできます。

価格は気にせずにいい走りを追求したい方、とにかくいいホイールが欲しい方、イタリアにこだわる方にもおすすめです。

Campagnolo(カンパニョーロ) SHAMAL ULTRA C17(シャマルウルトラ C17)

created by Rinker

Fulcrum – Racing Zero C17 Competizione (フルクラム レーシング ゼロ C17 コペティツィオーネ)

走りも見た目もインパクトが欲しい方へおすすめのホイール

先ほどのシャマルの兄弟にあたるホイールで、赤いスポークが特徴だったホイールです。

上位モデルの『コペティツィオーネ』ではその特徴を受け継ぎ、スポークが一本だけ赤色でスタイリッシュです。ホイールではかなりかたい部類に入り、使い手の体力と脚力を問われるホイールです。

踏めばどんどん進むため、脚力と体力を計算しながら走る必要があります。

とにかく速く走りたい方や、ヒルクライムでいい成績を残したい方、体力に自信のある方にもおすすめです。

リムアルミクリンチャー
リムハイトF27m/R30m
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1510g(ペア)
定価17万3856円(ペア/税抜) 
実売価格10万~15万円(ペア/税抜)

【180】Racing ZERO Competizione 2WAY C17 前後セット シマノ用 フルクラム FULCRUM ロードホイール レーシングゼロ FC-146452 お取り寄せ

created by Rinker

Mavic Ksyrium Pro UST(マビック キシリウム プロ エリート UST)

レース向け!脚に自信があり、次のステップを求める方へおすすめ

キシリウムの最上位モデルでレース色の強いマビックのホイールです。リム部分は剛性が必要な所以外を切削し、ハブも軽量化されるほど重量に対する徹底が見られます。

またスポークがアルミ製で剛性が強く、加速性が高いです。レース志向で次のステップを求める方へおすすめです。

黄色のスポークも特徴的で、ロードバイクにアクセントが欲しい方にもおすすめです。個性的なデザインの多いフランスのロードバイクとも相性が良さそうですね。

リムアルミクリンチャー(USTチューブレス対応)
リムハイトF27m/R30m
リム幅17mm(ワイドリム)
重量1410g(F590g/R820g)
定価14万0000円(ペア/税抜) 
実売価格10万~15万円(ペア/税抜)

ホイールのおすすめ記事

おすすめのホイールのまとめやランキング、インプレッションなどを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

ロードバイクでロングライドにおすすめのホイール5選と選び方のポイントを解説!【軽い順】ロードバイクの軽量&高性能ホイール⑨選!【ヒルクライム向け】【ロードバイク】ホイールの効果ってあるの?【かなりある!】FLO 45 Carbon Clincher(カーボンクリンチャーホイール)のインプレッション