ロードバイクのディスクブレーキ対応ホイールは何が違う?メリットとおすすめのホイールメーカー | アフログ

ロードバイクのディスクブレーキ対応ホイールは何が違う?メリットとおすすめのホイールメーカー

ロードバイクのブレーキシステムがリムからディスクへと変化し、周辺のパーツにも影響を与えています。

特に、ホイールについてはディスク化に伴って大きな変化を迎えており、従来のホイール選びとは異なる視点を持つ必要が出てきています。

そこで今回はロードバイクのディスクブレーキ対応ホイールについて、メリットやおすすめホイールを紹介していきます。

1.ディスクブレーキ化でホイールはどう変わった?

ディスクブレーキ化によって、ロードバイクのホイールはどのような変化を迎えたのでしょうか。

主なポイントとしては以下の4点になります。

  1. スポーク本数が増えた
  2. ハブが太くなり重量も増えた
  3. リムが軽くなった
  4. 固定がクイックリリースからスルーアクスルになった

1つ1つのポイントについて詳しくみていきましょう。

①スポーク本数が増えた

ディスクブレーキ化によって、制動のシステムが変化し、ホイールの設計に大きな影響を与えました。

まず最初にあげられるのが「スポークの本数」です。

リムブレーキでは、ブレーキキャリパーに伝わった力がリム、タイヤ、地面と伝わることで減速・停止をしていました。

ディスクブレーキでは、キャリパーからローター、ハブ、スポーク、リム、タイヤ、地面の順番に力が加わっていきます。

力が加わる道のりが長くなり、スポークにも制動力の影響が加わることから、スポーク本数を冷やして耐久性を上げる必要が出てきています。

リムブレーキ対応ホイールには、スポーク本数の少ないものが多く、直線的なラジアル組が普及していました。

ディスクブレーキ化によって、スポーク本数も増え、組み方もクロス組に変化し、より耐久性の高い仕様となっています。

②ハブが太くなり重量も増えた

ディスクブレーキ対応ホイールには、ローターを取り付ける必要があるため、ハブを太くし、耐久性を上げる必要が出てきました。

ハブが従来よりもゴツくなったことで、全体の重量増へも影響を与えています。

リムブレーキ対応ホイールに比べて、ディスクブレーキ対応ホイールの方が重たい印象がありますが、これにはスポークの本数やハブの変化が関係しています。

③リムが軽くなった

リムブレーキでは、ブレーキシューとリムを摩擦させて減速・停止をしていたため、リム部分に一定の耐久性が必要でした。

ディスクブレーキでは、キャリパー内のパッドとローターが摩擦する仕組みなので、リムには全く影響を与えません。

リムに一定以上の耐久性を求める必要がなくなった分、設計上の自由度が高くなり、リム周辺部が軽量なホイールが多く出ています。

④固定がクイックリリースからスルーアクスルになった

ホイールの固定方式もクイックリリースからスルーアクスルに変化しました。

構造上スルーアクスルの方が剛性が高いと言われており、走行性能に好影響を与えると考えられています。

2.ディスクブレーキ対応ホイールのメリットは?

ディスクブレーキ対応ホイールのメリットとしては以下の3点が挙げられます。

  1. リムを痛めない
  2. カーボンホイールでも制動力が安定する
  3. ハブとスポークのメンテナンスをすれば長期間使える

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

①リムを痛めない

制動を行う箇所が「ブレーキシュー×リム」から「ブレーキパッド×ローター」に変化したことで、制動時にリムを痛めることがありません。

走っている時はあまり意識しませんが、リムブレーキだとブレーキをかけるたびにリムを消耗していき、寿命を迎えると交換の必要性が出てきます。

ディスクブレーキ対応ホイールなら、いくら使ってもリムを痛めないので高価なホイールでも気軽に使えるでしょう。

②カーボンホイールでも制動力が安定する

リムブレーキ対応ホイールにおいて難点だったのが、カーボンホイールにおける摩擦熱による変形でした。

下り坂などで急ブレーキを連続してかけると、カーボンホイールのリム部分が摩擦熱によって変形してしまい、制動力も落ちてしまいます。

さまざまなリスクがあったカーボンホイールだったのですが、ディスク化によってこれらの問題が一気に解決しました。

これまでは扱いに注意しながら使用していたカーボンホイールが、今では何の心配もなく使えています。

③ハブとスポークのメンテナンスをすれば長期間使える

ディスクブレーキ対応ホイールは、リムを痛めないのでハブとスポークのメンテナンスを行っておけば、かなりの長期間に渡って運用が可能です。

たとえ高価なホイールであっても10年近く使い続ければ、耐用年数的なコスパはかなり高いはずです。

ディスクブレーキ化によってホイールの寿命が延びたのは最も大きなメリットといえるでしょう。

3.おすすめのディスクブレーキ対応ホイールメーカー

ロードバイクのディスク化に伴って、ホイールメーカーも各社新商品をリリースしています。

そんな中で特におすすめのディスクブレーキ対応ホイールメーカーは下記の5社です。

  1. Bontrager(ボントレガー)
  2. MAVIC(マヴィック)
  3. SHIMANO(シマノ)
  4. カンパニョーロ
  5. フルクラム

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

①Bontrager(ボントレガー)

トレック傘下の自転車パーツメーカーのボントレガーでも、ディスクホイールが数多くラインナップされています。

10万円程度で購入できるカーボンホイールなど、少し背伸びすれば手の届く範囲の価格帯で高性能なホイールがあるため、ディスク化を機にアップグレードしたい方にもおすすめです。

性能だけでなく、品質や安全性の高さにも定評があります。

②MAVIC(マヴィック)

ホイールメーカーとして高い実績を持つマヴィックでは、積極的にディスクホイールのラインナップを増やしています。

人気のキシリウムシリーズやコスミックシリーズなど、各モデルにディスクホイールを用意しており、高い走行性能はそのままに手ごろな価格で販売されています。

③SHIMANO(シマノ)

SHIMANOでも105以上のグレードで積極的にディスクブレーキ対応ホイールのラインナップを増やしています。

メンテナンス性の高さがSHIMANOホイールの売りでもあり、ディスク化によってリムの消耗がないため、ハブのグリスアップを繰り返しながら、スポークのテンション調整を続ければ、長期にわたる運用が可能です。

走行性能や軽量性、快適性など性能面も卒なく揃っている万能ホイールメーカーです。

④カンパニョーロ

人気の高いホイールメーカー・カンパニョーロでも、ゾンダやシャマルミレ、ボーラシリーズでディスクモデルが登場しています。

おしゃれなデザインに優れた性能を持つハブ、際立った軽量性など、どれも魅力的なホイールが揃っています。

⑤フルクラム

パワフルな走りに定評のあるフルクラムでも、レーシングシリーズを始めディスク化を積極的に進めています。

独自のリム設計や優れた回転性能が強みで、高い剛性によってグイグイと進んでいく推進力が魅力的です。

初心者から上級者までのラインナップも幅広く、さまざまなライダーにおすすめのホイールメーカーです。

4.まとめ

ロードバイクのディスクブレーキ化によって、さまざまなパーツが変化を迎えています。

ホイールはその際たる例で、設計から走行感まで全てが変わったといってもいいでしょう。

特に、リムを消耗しないことでカーボンホイールが気軽に選びやすくなったのは大きなメリットです。

ディスクブレーキ対応のロードバイクを購入された方は、これを機にカーボンホイールを買ってみるのもおすすめです。

こちらもチェック♪ホイールのおすすめ記事

おすすめのホイールのまとめやランキング、インプレッションなどを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

【ディスクモデルも続々】ロードバイクのおすすめホイール16選!予算別で紹介するよ!【軽い順】ロードバイクの軽量&高性能ホイール⑨選!【ヒルクライム向け】ロードバイクのディスクブレーキ対応ホイールは何が違う?メリットとおすすめのホイールメーカー【ロードバイク】初心者におすすめのホイール12選【初めて替えるならコレ!】ロードバイクのホイールに寿命ってあるの?【何キロ?何年?】ロードバイクのホイールでシマノってどーなん?特徴やラインナップを紹介!【ロードバイクのホイール】で【コスパが高い】やつを紹介!ロードバイクでロングライドにおすすめホイール7選!【選び方のポイントも解説】FLO 45 Carbon Clincher(カーボンクリンチャーホイール)のインプレッション中古のロードバイクホイールは買っても大丈夫?【購入するデメリットや注意点は?】安いホイールでロードバイクをアップグレード!おすすめのホイールを紹介ロードバイクホイールを初めてアップグレードするならZonda(ゾンダ)がおすすめ!【ロードバイク】ホイールの効果ってあるの?【かなりある!】【ロードバイク】ホイールは見た目!?かっこいいホイール14選【集めてみた】