ロードバイクにおすすめのサイコン。迷ったらコレを買っとけ!

サイコン(サイクルコンピューター)はロードバイクを買ったら欲しいアイテムの一つ!
無くても別にいいけど欲しい!だって走ってるスピードが分かったり何キロ走った!とかどれだけカロリー消費した!とか知りたいですよね。このページではおすすめのサイコンを厳選してご紹介します。

サイコンを選ぶポイント

無線(ワイヤレス)タイプがおすすめ

サイコンにはサイコン本体とセンサーがコードで繋がっている有線式とセンサーから無線で本体へ信号を飛ばす無線(ワイヤレス)式がありますが有線式のメリットは価格が安いことくらいで断線のリスクもあるので基本的には無線式がおすすめです。

液晶にバックライトが付いているものがおすすめ

夜間走行の時には危ないのであまりサイコンは見ないほうがいいですが液晶にバックライトが付いていると信号待ちの間などに「現在の時間」を確認したりすることができて結構便利ですのでバックライト付きのサイコンがおすすめです。

取り外しが簡単にできるものがおすすめ

サイコンは街中などに駐輪している間などに盗まれたりします。
なので簡単に取り外しができるものがおすすめです。

デザインがかわいいものもおすすめ

デザインで選ぶのも良いと思います。
走っている間目に付きやすいのでデザインが良いとテンションも上がりますよ!

画面に表示できる項目をカスタマイズできると楽しい

サイコンの画面上に表示する項目をカスタマイズできるものがありますが自分好みの画面にできるのでおすすめです。
上位グレードのサイコンだとページを複数作ってそれぞれ表示項目をカスタマイズできます。

レベル別

初心者・エントリー向け

速度、走行距離、走行時間、消費カロリーなどの基本機能が揃っているサイコンです。景色を見ながらのサイクリングやグルメライド、ダイエット、通勤などが目的の方に向いています。
価格帯も2,000円くらいからとリーズナブルです。

中級者向け

初心者向けの基本機能プラスGPSが内蔵されていたり心拍数やペダルの回転数(ケイデンス)を計測できるサイコンです。ただし心拍数やケイデンスを測るには別途センサーも必要になります。セットになっているタイプもありますよ。
走行データを記録して管理したりStravaなどの人気のサービスと連動させたりできます。GPSが付いているものだと走った場所やどれだけ山を登ったかなどを後から見ることができて楽しいですよ。
価格帯は10,000円くらいからです。

上級者向け・トレーニング向け

中級者向けの機能にさらにプラスしてパワーメーターを接続したり電動コンポと連携させたりすることができます。
レースに出て上位や優勝を狙うといった人向けで主にトレーニング目的に向いています。
価格帯は30,000円くらいからです。

迷ったらコレ!初心者におすすめのサイコン

CATEYE(キャットアイ)マイクロワイヤレス

おすすめポイント

  • 画面の表示を自分好みにカスタマイズできます。
  • バックライトとナイトモードが搭載されていて夜間のデータ確認ができます。
  • 走行速度、走行時間、走行距離、平均速度、最高速度、積算距離、ストップウォッチ、時計など基本機能が十分に揃っています。
  • ストップウォッチにオートモードという機能あるんですが、信号待ちなどの停止時間を省いて走行時間や平均速度などを計測してくれるかゆいところに手が届く感じの機能です!
  • モードボタンの操作が秀逸で本体を押し込むだけでモードが変わります。特に冬などの厚手のグローブをしているとボタンが押しにくいのですがこれは簡単ですね!
  • 取り外しも簡単にできます。

CATEYE(キャットアイ) クイック

おすすめポイント

  • とにかく見た目がかわいい!それだけでもおすすめ!
  • 反転液晶というディスプレイで明るい日中でも視認性が良いです。サイコンは明るい日中だと結構見えにくくなるのでこれはポイント高いですね。
  • 停車後10分立つと自動的に時刻だけの表示になってバッテリーを節約してくれます。
  • 走行速度、走行時間、走行距離、平均速度、最高速度、積算距離、時計とこのシンプルなデザインなのに基本機能が揃っています。
  • 取り外しも簡単にできます。

迷ったらコレ!中級者におすすめのサイコン

bryton(ブライトン) Rider15

▼本体のみ

▼ケイデンスセンサー付き

おすすめポイント

  • な、な、なんとこの価格帯(8,000円台)でGPS機能付きです!またスピード、ケイデンス、心拍計にも対応しています。しかもただのGPSじゃなくて「みちびき」や「GLONASS」といった世界の衛星システムに対応しているのでGPSの精度が高いのです!ほんとにこの価格でいいのか?笑
  • 普通は本体以外にもセンサーをタイヤの近くに取り付けないといけないんですがこれはGPS内蔵なので電源を入れたらすぐに本体のみで使用できちゃいます。
  • ケイデンス(回転数)や心拍数を測りたい場合は別途ケイデンスセンサーや心拍計が必要ですが↑のようにケイデンスセンサーと一緒のセットもの売っていますね。いずれ絶対に(笑)ケイデンスや心拍数も測りたくなってくるので初めからセットのほうが安く済んでいいかもです。
  • Bluetoothがついていてスマホと接続してみんな大好きSTRAVAへの自動アップロードもできちゃいまし、通話・メール・SNSなどの通知も画面に表示されますよ!
  • 画面サイズも2.0インチと大きく見やすいです。
  • バッテリーの駆動時間が16時間と少し短めですが16時間以上ぶっ続けで走るような事(笑)は中級者の方は滅多にないと思いますので十分だと思います。
  • デメリットとしてはパワーメーターやANT+センサーに対応していない事とナビ機能が無いこと。ただしこれは上級者向けの機能なのでデメリットとはならないと思います。

GARMIN(ガーミン)Edge 130

▼本体のみ

▼全部セット(どうせあとで揃える事になるのでセットがおすすめです)

おすすめポイント

  • 価格ではRider15に負けますがさすがは天下のGARMINですので機能は満載です。
  • もちろんGPS内蔵で「みちびき・GLONASS・Galileo」の世界衛生に対応していて精度抜群
  • Stravaの人気機能「ライブセグメント」が使えます!ライブセグメントとはStravaでは世界中に設定されている区間(セグメント)を速く走った順にランキングされるのですがその区間が近づいたらリアルタイムにお知らせしてくれたり区間に入ったらタイムアタックモードになったりとかなり楽しい機能です。
  • もちろんBluetooth対応でスマホを接続できるのでデータの自動アップロードやメールなどの通知機能、天気情報もお知らせしてくれます。
  • またパワーメーターやANT+センサーに対応しているのでトレーニング用途としても十分使えるモンスターサイコンです!

迷ったらコレ!上級者におすすめのサイコン

上級者向けのサイコンの場合はレースやトレーニング用途として使う事を前提に選ぶと良いと思います。
どうしても高価になりますが本格的にロードバイクに取り組む人にはおすすめです。

GARMIN(ガーミン)Edge 520 J

人気のガーミンシリーズのさらにド定番のEdge 520 Jです。
自分はこれを愛用しています。かなりオススメです。

おすすめポイント

  • 中級者向けのサイコン機能に加え以下のような特徴があります。
  • 画面が2.3インチと大きめでカラー表示。さらに自分好みのカラーにもカスタマイズできます。
  • スマホを接続しておけば振動を検知して設定してあるメールアドレス宛てへお知らせする事故検出機能。送信までカウントダウンするので送信キャンセルも可能。
  • ルートナビ機能付き(ただし地図は簡易地図)
  • あらかじめ設定した速度や過去の自分の記録と対決できるバーチャルパートナー
  • 今時分が走っている位置をWeb上に公開できるLIVE TRACK
  • FTP計測、VO2MAX計測
  • トレーニング終了時に回復に必要な時間をアドバイスしてくれるリカバリーアドバイザー
  • ペダリングの左右バランス(パワーメーター使用時)
  • シマノDi2との連動でギアの段数、Di2のバッテリー残量の確認が可能
  • バッテリーは15時間

GARMIN(ガーミン)Edge 1030

人気のガーミンシリーズの最上位機種。これにすれば文句なしです!あとはロードバイクに乗って使い倒すだけです!!

おすすめポイント

  • Edge 520 Jの機能に加え以下のような特徴があります。
  • 3.5インチの大画面!もちろんカラーです。かなーり大きい画面なのでまるでスマホのような感じです。
  • タッチスクリーンに対応していて操作感もスムーズ。画面の大きさだけでなく使い心地もスマホのような感じです。
  • Garmin Edge同士で位置をリアルタイムで地図上に表示できるGroup Track
  • 簡易地図ではなくちゃんとした地図が内蔵
  • 走行した記録からサイクリング用のルートを自動で生
  • バッテリーが20時間とかなり長持ち
  • さらに拡張バッテリーを装着可能(専用マウントが必要)

まとめ

今回は比較的多機能でコスパの高いサイコンを紹介してみました。
自分がロードバイクをどういう用途や目的で乗るかによって最適なサイコンは変わってくると思います。
特にトレーニングをするかしないかは大きな境界線だと思います。トレーニングをしないのであれば中級者向けまでのサイコンで十分です。逆にトレーニングをするのであれば絶対に上級者向けのサイコンにしておいたほうがいいと思います。

おすすめグッズ・アイテムの記事

おすすめのグッズやアイテムのまとめやランキング、インプレッションなどを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

ロードバイク用タイヤの選び方と用途別おすすめタイヤなど全8選!【ロードバイク】サドルバッグ大容量ランキング9選!【容量順!】【必要?】ロードバイク(自転車)の保険おすすめ6つ【絶対入ったほうがいい】ロードバイクのサドルの選び方&厳選おすすめサドル5選!【完全ガイド】【ロードバイク】軽量で頑丈な鍵ランキング!【8選】ルートラボの使い方。ロードバイクのルート作成に絶対おすすめ!ロードバイクのおすすめライト6選!【選び方も解説】【ロードバイク】サングラス(アイウェア)の選び方とおすすめ5選【重要アイテム】【おすすめ】ロードバイク好きなら読みたい漫画7選【全部読もう】【ロードバイク】買ってよかった!おすすめグッズを紹介【随時追加中】【ロードバイク】グローブの選び方とおすすめ5選【厳選】【予算5万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【むしろ安いほうがいい理由】【軽い順】ロードバイクの軽量&高性能ホイール⑨選!【ヒルクライム向け】【ロードバイクのタイヤ】通勤で使えるおすすめ5選!ロードバイクのチューブってどう選べばいいの?選び方とおすすめチューブ4選【2019最新】ロードバイクのメーカーごとの初心者おすすめモデル【随時更新】ロードバイクのおすすめアクセサリーをたくさん紹介するよ♪【便利で楽しい12選】【全部観たい】ロードバイク好きにおすすめの映画10選【今すぐ走りたくなる】ロードバイクのおすすめヘルメット。選び方と厳選10選【ロードバイク】初心者におすすめのホイール12選【初めて替えるならコレ!】