【2019最新】ロードバイクのメーカーごとの初心者おすすめモデル【随時更新】

ロードバイクのメーカーごとに『初心者へおすすめのモデル』を紹介していきます。

https://www.ahuro.com/wp-content/uploads/2019/04/hair_afro.png

随時追加してます!

メーカーごとの初心者へおすすめのモデル

TREK(トレック)|Émonda ALR 5(エモンダ)

Émonda ALR 5(エモンダ)

アメリカのロードバイクのブランドであるTREKのエントリーモデルです。 特徴はアルミフレームでリーズナブル、カーボンフレーム風のデザイン、シマノ製のシステムを使用しているという点にあります。パープルのカラーリングが特徴的で、シンプルなデザインのバイクがお好みの方にお勧めです!特にペダル回りのデザインがカッコいいですね!ワイヤー系統もフレーム内に収められていて、ワイヤーの耐久性も高くなっています。手軽に本格的なスポーツバイクを楽しめる1台です。

価格(税抜)172,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量8.8kg

KOGA(コガ)|KIMERA AL SORA(キメラ)

KIMERA AL SORA(キメラ)

オランダのロードバイクメーカーKOGAの初心者向けロードバイクです。
フロントフォークにカーボン素材を使用、シマノ製のシステムを使用しています。KOGAのハイグレードモデルをベースにして、入門者向けに開発されたモデルなので、上位モデルを手軽に楽しむことができます。また、グレーのデザインと、青、オレンジのライン、KOGAと入れられたサドル、ホイールセットがかっこよく、入門モデルと思えないような雰囲気がありますね。

価格(税抜)134,800円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量9.2kg

SPECIALIZED(スペシャライズド)|ALLEZ SPORT(アレー)

ALLEZ SPORT(アレー)

Allez(アレー)は軽量性や洗練されたスタイル、信頼性の高さなど、エントリーモデルの概念を超えた高い性能を誇ります。

フレームはE5高品質アルミ合金を使った最適な形状のチュービング設計で丁寧な溶接により剛性を高め、FACTカーボン製フルモノコックフォークにより高速での正確なハンドリングが可能です。これだけの高性能を有しながら、10万円前後という破格の価格を実現し、ロードバイクのエントリーモデルとして最適です。

価格(税抜)106,920円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量8.69kg(49サイズ実測)

FUJI(フジ)|ROUBAIX 1.3(ルーベ)

ROUBAIX 1.3(ルーベ)

フロントフォークにフルカーボン素材を使用していてカーボンフレームのバイクに匹敵するような軽さを持っています。トップモデルと同等の機能性のある設計でケーブル類がフレーム内に内蔵されているので、ケーブル類の耐久性も高いです。トップモデルと同等の機能性を持ちながらどのようなシーンでも楽しむことのできる入門者向けバイクです。シルバーのフレームとレッドのアクセントが、非常にカッコいい雰囲気がありますね。

価格(税抜)159,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量8.5kg

FELT(フェルト)|FR60日本限定モデル

FR60日本限定モデル

10万円を切るというリーズナブルな価格でありながら、カーボンモデルに匹敵するようなフレーム形状をしています。また、ケーブル類をフレームの外に出しているのでフレームの剛性が高く軽量なフレームに仕上がってます。日常使いのようなポジションで走れるようにサブブレーキを装着しているところも、普段使いからレースにまで使える特徴になります。フレームのデザインもレッドが印象的で、乗っていたら情熱的な気分になることでしょう。入門者の方にお勧めの1台です。

価格(税抜)89,800円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量10.55kg

BIANCHI(ビアンキ)|Via Nirone 7(ニローネ)

Via Nirone 7(ニローネ)

去年までのモデルはケーブル類をフレーム外に出していたのですが今年のモデルはフレーム内に収めるようにしてすっきりとしたフレーム周りの印象とケーブルの耐久性をアップさせたという点があります。また、フレームサイズが幅広く選べるので自分にあった1台を見つけることができます。特に小柄ライダー向けのサイズも設定しているので、小柄な女性ライダーの人にとってもおススメです。カラーリングは黒を基調としているのですが、黒と赤の組み合わせがいちばんかっこよく感じます。

価格(税抜)110,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量不明

CANNONDALE(キャノンデール)|CAAD OPTIMO 105(オプティモ)

CAAD OPTIMO 105(オプティモ)

伝説的なモデルであるCAAD12と同じジオメトリを持ち、数々のレースで培われたハイレベルなパフォーマンスが惜しみなく投入されていながら、初心者でも手が届く格安な価格設定をしているのが魅力です。ロードバイクのエントリーモデルとしておすすめできる一台と言って良いでしょう。シートステーとチェーンステーにより路面からの衝撃と振動を巧みに軽減することができるため乗り心地を犠牲にせず、高い剛性と軽さをバランスよく実現しています。径が変わるテーパード・ステアリングコラムを採用しているの点も見逃せません。

価格(税抜)155,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量不明

GIOS(ジオス)|AL LITE(アルライト)

AL LITE(アルライト)

『GIOSブルー』と言われるGIOSのブルーカラーが美しいモデルです。 『アルミバデッドチューブ』という軽量のアルミフレームとフロントフォークに振動吸収性の高いカーボンフォークを採用。コンポーネントはティアグラ10速でこの価格帯ではスペックは高めだと思います。GIOSブルーに惚れちゃった人に乗って欲しいですね。

価格(税抜)128,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量9.4kg

PINARELLO(ピナレロ)|PRIMA(プリマ)

PRIMA(プリマ)

イタリアの人気メーカーPINARELLO(ピナレロ)のおすすめエントリーモデル『PRIMA(プリマ)』です。トップチューブが水平なホリゾンタルフレーム。昨今では珍しいとってもベーシックなスタイルのアルミフレームです。ベーシックなスタイルは流行り廃りなく長年乗り続けれれるのが魅力ですね。ピナレロ独特の流線型カーボンフォークがかっこいいです。カラーも少しラメが入っているイタリアンブルーが美しいモデルです。

価格(税抜)128,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量不明

COLNAGO(コルナゴ)|A2-r

A2-r

人気のイタリアメーカーCOLNAGO。A2-rはなんと完成車重量で8.6kgと9kgを切る軽量エントリーモデルです。さすがCOLNAGO、エントリーモデルとは思えない高級感と仕上がりです。コンポーネントは新型105と変速性能も高いコンポーネントが付いています。また30万円台のミドルグレード「C-RS」に使われているフロントフォークと同じカーボンフォークが採用されていて乗り心地も抜群という評価です。

価格(税抜)169,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量8.6kg

CINELLI(チネリ)|EXPERIENCE 105(イクスピリエンス 105)

EXPERIENCE 105(イクスピリエンス 105)

チネリはイタリアの人気メーカーで独特なデザインでオシャレな人たちに人気なロードバイクメーカーです。EXPERIENCE(イクスピリエンス)はチネリのロードバイクの中でも大人気のベストセラーモデルです。2019年モデルから28Cという太めのタイヤを装着できるようになっていて街乗りや通勤にも使いやすいモデルです。

価格(税抜)168,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量不明

DE ROSA(デローザ)|FEDE(フェデ)

FEDE(フェデ)

ハートマークがポイントのイタリアの有名メーカー「デローザ」のエントリーモデルです。トップチューブが弓なり状になっていてアルミロードと思えない上質なフォルムです。ケーブルが内装式なのでスッキリとしたデザインで高級感があります。
ハートマークのロゴ入りボトルケージ、セライタリア製のサドルなどエントリーモデルでも手を抜いていないモデルです。

価格(税抜)215,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量不明

WILIER(ウィリエール)|Montegrappa(モンテグラッパ)

Montegrappa(モンテグラッパ)

価格(税抜)125,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量8.7kg

KUOTA(クオータ)|KOBALT(コバルト)

KOBALT(コバルト)

一見オーソドックスなフレーム形状は、クセの無い、素直なライディングフィールが持ち味です。リアブレーキワイヤー、シフトワイヤーが内蔵なのでスッキリとした見た目で購入後のアップデートもしやすいDi2対応モデル。また、他社で有りがちなミックスコンポをしていないのも見逃せません。乗る人を選ばず、初めてのロードバイクに最適な1台です。

価格(税抜)199,800円
材質カーボン
重量8.35kg(Mサイズ完成車実測値)

KUOTA(クオータ)|KOBALT(コバルト)DISC FRAME SET(フレームのみ販売)

KOBALT(コバルト)DISC FRAME SET(フレームのみ販売)

KOBALTはKUOTAのエントリーモデルとしてよく知られたバイクです。最近ロードでも主流のdisk brakを搭載しており制動制御は抜群です。エントリーモデルとはいえDi2電動コンポーネントを取り付けできるところも魅力の一つです。また、ジオメトリー設計等全体的に安定性の良い作りをされたバイクになっており、ロングライドを楽しむに最適。特にロードバイクを始めたばかりの方は楽しくて長い時間を乗ってみたいと思う者です。

価格は¥128,000となっていまして、ディスクモデルはフレームセットでの販売になります。コンポの組みようでは中級者でも十分に楽しむ事ができるバイクだと思います。

フレームはこの価格ですが、カーボン製。しなりのある柔軟性に富んだバネと剛性を秘めています。白と黒で統一されたカラーは男女問わずに人気が出るデザインだと思います。

価格(税抜)128,000円
材質カーボン
重量1,250g(FRAME) / 530g(FORK)

BASSO(バッソ)|IMOLA(イモラ)

IMOLA(イモラ)

イタリアのバイクメーカー『BASSO』
IMOLA SORAはアルミフレーム+カーボンフォーク、重量も9kg台で11万円とコストパフォーマンスに優れたモデルです。今からサイクリングを始めたい方や通勤通学で自転車が必要な方にオススメです。

価格(税抜)110,000円
材質アルミ+カーボンフォーク
重量9.5kg

ロードバイクのおすすめ厳選シリーズ

他にもロードバイクのおすすめのアイテムを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。 ロードバイクのおすすめライト6選!【選び方も解説】 ロードバイクにおすすめのサイコン。迷ったらコレを買っとけ! 【予算5万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【むしろ安いほうがいい理由】 【予算3万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【最初は安くてOK!】 ロードバイクのおすすめヘルメット。選び方と厳選10選 【必要?】ロードバイク(自転車)の保険おすすめ6つ【絶対入ったほうがいい】 【おすすめ】ロードバイク好きなら読みたい漫画7選【全部読もう】 【2019最新】ロードバイクのメーカーごとの初心者おすすめモデル【随時更新】 【まとめ】ロードバイク通勤の服装。おすすめのウェア&アイテムも紹介。 【全部観たい】ロードバイク好きにおすすめの映画10選【今すぐ走りたくなる】