【ロードバイク】初心者が最初に買うべき価格帯のロードバイクは?

ロードバイクに乗ってみたいと思ってみても、実のところどれを購入すればいいのかわからないという人は多いでしょう。スポーツバイクショップに行ってみると「10万円」「30万円」「50万円」「100万円」など、さまざまな価格帯のロードバイクが店頭に並んでいます。

価格帯によって、どのような違いがあるのか。そして、最初の1台目に相応しいロードバイクがどれなのか判断が難しいでしょう。

今回はロードバイク初心者が最初に買うべき価格帯のロードバイクを紹介していきます。

最初の1台目は「10万円〜20万円」ぐらいがおすすめ

ロードバイクの価格帯の大まかな目安としては以下のようになっています。

  • 〜20万円:エントリーモデル
  • 20〜50万円:ミドルモデル
  • 50万円〜:ハイエンドモデル

例外はありますが、大体このような見方で間違いありません。これを見れば明らかのように初心者であれば「エントリーモデル」のロードバイクがぴったりです。価格帯からしても手の届きやすい範囲といえます。

ロードバイクは価格だけではなく、さまざまな種類があり、価格が高くなるほど細分化していきます。例えば、「レーシング(エアロ)」や「エンデュランス」「ヒルクライム(軽量)」などのように、高級なロードバイクほど、乗り手の個性に合わせたロードバイクがラインナップされるようになります。

一方でエントリーモデルは、初心者でも乗りやすい「エンデュランス」〜「オールラウンド」ぐらいのロードバイクが多く、初心者でも乗りこなせる設計になっています。

レーシングモデルのロードバイクだと、ハンドルの位置が低く、初心者には厳しい前傾姿勢を取らなければならなくなります。初心者いきなりこのような特徴の強いロードバイクに乗るのは、あまりおすすめできません。

【ぶっちゃけ】3万円、5万円の格安ロードバイクでもOK!

ロードバイクは一般的に10万円からが相場ですが、世の中には3万円や5万円といった格安のロードバイクも存在します。
絶対おすすめ!とは言いませんがぶっちゃけ格安のロードバイクでも初めはOKと思います。
その理由や格安のロードバイクの中でもおすすめのものを以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

【予算3万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【最初は安くてOK!】
【予算5万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【むしろ安いほうがいい理由】

エントリーモデルでもロードバイクの楽しさは十分感じられる

当然ながら、エントリーモデルのロードバイクは、それより上のランクのバイクよりもスペックが低いです。せっかくならより良いロードバイクに乗った方がいいと思われるかもしれませんが、エントリーモデルでも充分ロードバイクの楽しさを感じることができます。

エントリーモデルとはいっても、ママチャリなどの一般的な自転車と比較すれば、その差は歴然です。ペダルを踏んだ瞬間の進んでいく感覚は非常に爽快で気持ち良いものです。

カーボンバイクはメンテナンスなどを考えても最初の1台にはハードルが高い

初心者が初めて購入するロードバイクに「エントリーモデル」をおすすめする理由はメンテナンスなどの面にもあります。

大体20万円以上のロードバイクから、フレームの素材が「アルミ」から「カーボン」に変わってきます。カーボンフレームは軽量なうえに、振動吸収性が高く、高機能素材として使われていますが、その反面、衝撃に弱く、落車などによってフレームが破損することもしばしばあります。

また、メンテナンスでも気を遣う必要が出てくるので、初心者には扱うのが難しい部分もあります。せっかく高いお金を出して購入したカーボンバイクが傷だらけになったり、汚れたりするのは嫌ですよね。

こういった理由を考えると、ある程度ラフに使っても大丈夫なアルミフレームのロードバイクがおすすめです。もちろん最低限のメンテナンスは必要ですが、カーボンほどデリケートに扱わなくても良いですし、値段も安いので傷などがついてもショックもそこまで大きくはならないでしょう。

エントリーモデルを乗りこなしてから2台目を購入する

スポーツバイクショップなどに行くと、どうしても30万円ぐらいするロードバイクに心が動いてしまいますが、最初の1台はエントリーモデルを購入した方がいいでしょう。

そのうえでよりスペックの高いロードバイクが欲しいと思ったら2台目として購入することをおすすめします。

エントリーモデルを乗りこなして、一通り扱いなどに慣れていけば、カーボンバイクを購入しても覚えることが少なくて済みます。

また、エントリーモデルに乗っていく中で、「もっとこのようなロードバイクが欲しい」などの欲求がでてきます。

例えば、「もっと軽いのがほしい」「コンポーネントをグレードアップしたい」「疲れない快適なバイクがほしい」「レースに出れるバイクがほしい」などですね。

このような具体的な欲求も実際にロードバイクに乗ってみないとわからない部分でもあります。

最初の1台におすすめのロードバイク⑤選!

初心者が最初の1台として購入すべきおすすめのロードバイクを紹介していきます。

エントリーモデルながらも充分なスペックを有しており、ロードバイクらしい爽快な走りを手に入れることができます。

おすすめ① GIANT CONTEND1(ジャイアント コンテンド)

  • 価格:100,000円
  • 重量:9.6kg
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:SHIMANO SORA

台湾の自転車ブランド「GIANT」。10万円で購入でいるエントリーモデルの「CONTEND1」はコスパに優れた1台です。9.6kgという軽量性はもちろん、この価格帯では珍しい内装ケーブルを採用しすっきりとした見た目が特徴的です。誰もが乗りこなせるオールラウンドな1台となっています。

おすすめ② KhodaaBloom FARNA 700-105(コーダーブルーム ファーナ)

  • 価格:150,000円
  • 重量:8.8kg
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:SHIMANO 105

日本の自転車ブランド「コーダブルーム」は、日本人の体型に合わせて設計したロードバイクをラインナップしています。この「FARNA」シリーズは、エントリーモデルとしてもラインナップされているのですが、10万円台とは思えない8.8kgという驚異的な軽量性が魅力です。コンポに中上位モデルの105を採用しているのも注目です。

おすすめ③ Cannondale CAAD12 Tiagra(キャノンデール)

  • 価格:150,000円
  • 重量:8.9kg
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:SHIMANO Tiagra

「カーボンキラー」という異名がつけられるほど質の高いアルミフレームバイクを生み出してきた「キャノンデール」。その伝統を象徴するのがこの「CAAD12」です。軽量性はもちろん、スムーズかつ快適な走行はアルミフレームの最高峰といってもいいでしょう。

おすすめ④ SPECIALIZED Allez Sport(スペシャライズド アレー)

  • 価格:106,920円
  • 重量:NA
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:SHIMANO SORA

アメリカのロードバイクブランド「スペシャライズド」のエントリーモデルです。入門向けといっても、それを覆すほどの軽量性と洗練された見た目によって高いパフォーマンスを引き出してくれます。乗り手を選ばないオールラウンドな1台でもあり、初めてロードバイクに乗る人にぴったりです。

おすすめ⑤ Liv AVAIL 1(リブ アヴェイル)

  • 価格:98,000円
  • 重量:10.1kg
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:SHIMANO SORA

「Liv」はGIANTから派生して生まれた女性向けロードバイクです。女性の体格でも乗りやすいバイクを多数ラインナップしており、このモデルは身長145cmから乗車可能となっています。体格が小さいと乗れるサイズがラインナップされていないこともしばしばあるので、そういった方はこちらのブランドがおすすめです。

まとめ

初心者向けのロードバイクはこの他にもたくさんあるので、ぜひスポーツバイクショップなどに行って相談してみるといいでしょう。ロードバイクに乗って、普通の自転車では味わうことができない世界を体感してみましょう。