ロードバイクのライトの選び方と厳選おすすめライト。

ロードバイクを買ったからライトも付けないとなぁ、、でも色んなライトが世の中にありすぎて何を買えばいいか分からない。。という方のためにおすすめのライトを厳選して紹介します。

ライトは必ず必要です

夜間にライトなしで走行すると道路交通法違反になります。
また昼間でも暗いトンネル内を走行する場合や濃霧の場合など点けないといけないのでライトは必ず必用です。

ライトの種類

ライトには以下のように種類があります。

フロントライト(前照灯)

前方を照らすライトのことです。各都道府県の条例で色や明るさの指定があります。
東京都では以下のように指定されています。
色:白色または淡黄色
明るさ:夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる

リアライト(尾灯)

後方に付けるライトです。これも条例で色や明るさの指定があります。
色:赤色
明るさ:夜間、後方100メートルの距離から点灯を確認することができる

ライトを選ぶポイント

明るいこと

条例でも指定がある通りライトには十分な明るさが求められます。安いからと明るくないライトを買わないようにしましょう。明るさは2~300ルーメン以上が目安です。これより暗いと前方の視認性に乏しかったり夜間に街頭がない道では足元を照らすには少し厳しいと思います。

USBで充電できるもの

ライトには電池式とUSB式、他にもソーラー式などがありますがおすすめはUSB式です。
電池式だと光量が高いものや持続時間が長いものになるとどうしても乾電池が大きくなってしまいます。
かといってボタン電池式の小さいタイプだと光量が全然足りません。
経済的にも電池代を考えるとUSB式のほうがお得だと思います。

長時間持つもの

いくら明るくても短時間しか持たないライトはおすすめできません。
明るくて長時間持つものがベストですが大きくなりすぎたり値段も上がりやすいので光量を調節できるタイプだと周りの明るさに応じて切り替えれるため長時間使うことが可能です。
一番明るいモードで3時間くらい持てば上出来だと思います。

取り付けたり外したりしやすいもの

これは意外と重要でライトは一度取り付けたら外さないということはなく結構ひんぱんに取り外したりします。
台座(アダプター)と本体が別々になっていて簡単に取り外せるものがおすすめです。
おすすめはCATEYE(キャットアイ)というメーカーのライトで台座(ブラケット)が同じ規格となっていてキャットアイのライトならどのライトでも取り付けれます。

厳選!おすすめのフロントライト

第1位 CATEYE(キャットアイ)VOLT400

自転車のライトといえばキャットアイというくらい定評がありますがその中でもダントツでおすすめのライトです。
自分はこれを3つ持ってます(笑)

おすすめポイント

  • 400ルーメンの明るさで3時間も持ちます。
  • USB充電(ケーブル付属)
  • 点灯モードが3種類(ハイ・ミドル・ロー)で、ハイは400ルーメンで3時間、ミドルは100ルーメンで8時間、ローは50ルーメンでなんと18時間!
  • 点灯しつつ点滅もするデイタイムハイパーコンスタントというモードがとても秀逸(11時間)
  • 点滅モードもあり(60時間)
  • 本体の一部がバッテリーになっているカートリッジバッテリーという方式が便利で本体をひねるだけでバッテリーを取り外せる。
  • カートリッジバッテリーは別売りしているので予備のバッテリーとして追加購入し、一緒に持っておくとさらに安心。
  • 台座(ブラケット)が工具不要で取り付けれる。
  • 台座(ブラケット)へライトを付けるのも外すのもワンタッチで簡単。
  • 台座(ブラケット)も別売りしているので追加して別の自転車へ付ければ複数の自転車でライトを使い回せる!
  • この性能・機能で1万円以下!ネットショップだと5,000円台で売ってるところもありますよ!

第2位 SHENKEY(シェンキー) LED自転車ライト

おすすめポイント

  • 1200ルーメンという驚きの明るさ。かなり明るいです。
  • 一番明るいモードで4時間も持ちます!
  • 明るい、弱い、点滅の3モード搭載
  • USB充電式(ケーブル付属)
  • 工具不要で台座(ホルダー)を付けることができて着脱も簡単にできます。
  • ヘルメットにつける台座(ホルダー)も付いてます。
  • IP65防水・防塵で雨天時も安心です。
  • 驚きはその価格でなんと2,000円台で売ってます!

第3位 Owleye(オウルアイ)ワイズ280

おすすめポイント

  • 強モード(280ルーメン)で3時間持ちます。
  • モードが3種類あり強モードで280ルーメン3時間、通常モードで120ルーメン7時間、点滅モードで100ルーメン10時間です。
  • 280ルーメンと少し少なめの光量ですが裏面照射レンズという技術で必要な部分にビームを集中させることで路面の明るさが2.5倍というすごい技術が搭載されているのが特徴です。
  • 工具不要で台座を取り付けれてライトの着脱も簡単です。
  • 価格もリーズナブルで3,000円台からゲットできます。

厳選!おすすめのリアライト

第1位 CATEYE(キャットアイ)ラピッド マイクロオート

リアライトもやはり信頼のキャットアイ製品をおすすめします。
これにしておけばまず間違いないでしょう。

おすすめポイント

  • 一番のオススメポイントは明るさセンサー&振動センサーで自動点灯・消灯を行ってくれる機能が付いていてなんと暗いところで自転車を動かすと自動で点灯します!かなり楽チン!&点け忘れ防止になります。
  • しかも自転車を止めて50秒後に自動で消えるので消し忘れていつの間にかバッテリーが無くなってるということもありません。これよくあるんですよね・・。フロントライトはあまり消し忘れないんですけど。
  • シートポストに工具不要で台座(ブラケット)を固定できてライトの脱着も簡単です。
  • 点灯パターンが3種類あってどれも視認性の高いパターンが搭載されています。特に2つのLEDが交互に点滅するオルタネイトパターンはかなり目立つので後方の車などに対してしっかりアピールできます。
  • 常時点灯で6時間、オルタネイトパターンで24時間、ラピッドパターンで35時間持ちます。
  • USB充電式(ケーブル付属)
  • 別売りのクリップやブラケットでポケットやカバン、サドルにも取り付けることができます。

第2位 CATEYE ラピッドエックス2 キネティック

おすすめポイント

  • なんと加速度センサーが内蔵されていて減速すると約50ルーメンの明るい光量で2.5秒間点灯するという画期的なモードを搭載しています。
  • 50ルーメンあると日中でも視認性が高くデイライトとしても使えます。昼間でも後方に対してしっかりアピールでき、安全性が高いです。
  • 点灯パターンが3パターンで常時点灯のローで5時間、点滅で30時間、ラピッドモードで16時間持ちます。
  • ラバーバンドで取り付けるタイプで工具が不要、ライトの脱着も簡単です。
  • USB充電式(ケーブル付属)

第3位 ボントレガー(BONTRAGER) フレア R

おすすめポイント

  • 最大65ルーメンという驚異的な明るさで昼夜問わず2km後方からでも視認できますのでデイライトとしても使えるおすすめのライトです。
  • 電池の残量が5%になると省エネモードになる機能
  • 工具不要で台座(ブラケット)をシートポストへ取り付けることができ、ライトの脱着も簡単です。
  • 台座(ブラケット)は2段階の角度調整が可能でポストの経に合わせた微調整もできますので色々なシートポストに取り付けが容易です。

まとめ

  • 安全性を高めるために明るく視認性の高いライトを選ぶことが大切
  • 電池式ではなくUSB充電式のほうがコスパは良く性能も高いものが多い
  • バッテリーの持ちが良いものや点灯モードで光量を調整できるものがおすすめ
  • ライトの脱着が簡単なものがおすすめ
  • CATEYE(キャットアイ)はライトのメーカーの中で特におすすめ

ロードバイクのおすすめ厳選シリーズ

他にもロードバイクのおすすめのアイテムを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。 ロードバイクのライトの選び方と厳選おすすめライト。 ロードバイクにおすすめのサイコン。迷ったらコレを買っとけ! 【予算5万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【むしろ安いほうがいい理由】 【予算3万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【最初は安くてOK!】 ロードバイクのおすすめヘルメット。選び方と厳選10選 【必要?】ロードバイク(自転車)の保険おすすめ6つ【絶対入ったほうがいい】