【ロードバイク用】空気入れの人気ランキング!【おすすめ】

https://www.ahuro.com/wp-content/uploads/2019/04/cat3_1_question-e1555534815891.png

ロードバイク買ったら空気入れも要るよね?実はどんなのがいいのか分からなくてまだ持ってない・・。教えて!エロい人!

ロードバイクの空気入れを選ぶ時、なかなか違いがわからずどんな空気入れを選ぶべきか迷いますよね。
そんな悩みを解決する、使える空気入れをチョイスしました。
使える空気入れのランキングを、普段の空気入れに使用する「フロアポンプタイプ」と「携帯ポンプタイプ」の空気入れに分けてご紹介します。

※この記事のランキングの基準は2019年7月1日現在でのAmazonの空気入れカテゴリーの売れ筋ランキングを参考にしています。

フロアポンプタイプの空気入れ人気ランキング

フロアポンプタイプの空気入れは、効率的にタイヤの空気を充填することができ、ロードバイクに乗るには必須のアイテムです。
メーターが搭載されたものであれば、タイヤ内の空気圧の調整にも使用できます。
グリップの握りやすさや、仏式以外に米式やボールの空気入れに対応するかなどを考慮して選ぶのがおすすめです。
それでは、フロアポンプタイプの空気入れのランキングをご紹介します。

フロアポンプ第1位
Panaracer(パナレーサー)楽々ポンプ

フロアポンプ1位は、タイヤでもおなじみのパナレーサーが発売するフロアポンプタイプの空気入れです。
カスタマーレビューも高評価のおすすめの一品です。
ロードバイクに使われる仏式バルブ以外にもマウンテンバイクに使用される米式バルブや、ママチャリに使用される英式バルブにも対応しています。
ロードバイク以外に自転車を持っている方や、家族で他の自転車をお持ちの方にもおすすめです。
さらに浮き輪用アダプターとボール用アダプターもついており、夏場に海やプールに行く時やスポーツでボールを使う時にも活躍しますね。
カラーもイエロー、ブラック、レッドがあり、好きなカラーを選ぶ楽しみもありますね。

フロアポンプ第2位
Panaracer(パナレーサー)楽々ポンプ エアゲージ付

2位も同じくパナレーサーの楽々ポンプですが、エアゲージ付の楽々ポンプです。
空気圧の確認ができ、タイヤの空気圧を変えて走りを確認したい時にも活躍します。
仏式・英式の空気を入れる際は付属のアダプターを使用する必要があるので注意が必要です。
ロングホースで空気を入れる際の取り回しも簡単です。

フロアポンプ第3位
BV(ビーブイ)自転車空気入れ

続いて3位はビーブイのフロアポンプです。
仏式バルブの空気を入れる際に、アダプタを使用する必要がないのが大きなメリットです。
仏式と米式に対応したツインヘッドの構造で、すぐバルブにセットできます。
大型の空気圧メーターがついており、タイヤの空気圧の微調整にも活躍します。
約24cmのフットステップ搭載で、空気を入れる時ももたつきません。
イエローとシルバーのカラーリングがあります。
ロードバイクのようなスポーツバイクに主に乗る方や、頑丈で確実に空気を入れられるポンプをお探しの方におすすめです。

フロアポンプ第4位
Panaracer(パナレーサー)アルミ製フロアポンプ

第4位は再びパナレーサーの空気入れですが、こちらは仏式バルブで空気を充填する際にアダプターを使用する必要がないのが特徴です。
空気圧のメーターも搭載しており、ロードバイクなどのスポーツバイクに主に乗られる方におすすめのポンプです。
使い方もシンプルで、レース使用のフロアポンプといえるでしょう。
もちろん、ママチャリのような英式バルブにも対応します。

フロアポンプ第5位
ID MAX 空気入れ

5位にランクインしたのはID MAXの空気入れで、米式バルブと仏式バルブの差し込み口が特徴的で縦に並ぶ形で設置されています。
アダプターをつける必要もなく、簡単に空気を入れることができます。
握りやすい形に設計されたハンドルで、空気を入れる際も力が入りやすいですね。
アルミニウム合金で作られているため、スチール製の空気入れよりも軽く持ち運びも簡単です。
メーカー1年保証もついて安心して使用できます。
空気圧メーター搭載で、ボールや浮き輪で使えるアダプターも付属しています。
ホースは耐寒耐熱加工が施され、ホースを固定できるバックルもついており収納する際も便利です。

携帯ポンプタイプの空気入れ人気ランキング

続いては小型の携帯ポンプのランキングです。
携帯ポンプが活躍するのは主に出先でのパンク修理でしょう。
小型で持ち運びができ、安心して走行ができます。
そのため携帯ポンプを選ぶ際は、その重量や空気の入れやすさを考慮に入れるといいでしょう。
そんな携帯ポンプのランキングをご紹介していきます。

携帯ポンプ第1位
Panaracer(パナレーサー)BFP-AMAS1

携帯ポンプタイプの空気入れランキングで1位を獲得したのはパナレーサーの携帯空気入れです。
重量は200gで持ち運びやすい軽さで、ロードバイクに取り付けられるフレームアタッチメント付です。
携帯ポンプでありながらフットステップもついているため、携帯ポンプの空気の入れにくさの問題を軽減しています。
仏式以外にも米式や英式にも対応しているので、マウンテンバイク用の携帯空気入れとしても使えますね。
ありがたいことにボールと浮き輪用のアダプターもついており、公園やプールに遊びに行く時にも使えそうですね。
レビューもよく、安定したパナレーサーの携帯ポンプです。

携帯ポンプ第2位
LANDCAST マジックポンプ

2位はコンパクトさと空気の入れやすさを両立したランドキャストの携帯空気入れです。
オリジナルの与圧式デュアルチャンバー構造により、軽い力で空気を入れることができます。
サイズの全長は20cmで重量は100gと非常にコンパクトな空気入れです。
その軽さと耐久性を両立するために、航空機にも使われる6063アルミ合金を使用し、見た目の美しさも保ちます。
ネジ式ロック機構が採用され、バルブのセットがちゃんとなされてない時の空気漏れを防ぎます。
また、傷つきやすいタイヤのバルブへのダメージの心配もなく、安心して使用できる一品です。
グリップ部分も滑り止め加工がされており、夏場など汗をかきやすいときでも手が滑りません。
別売りの変換アダプターを使えば、ママチャリのような英式のバルブでも空気を入れることができますよ。

携帯ポンプ第3位
Oture 携帯用ポンプ

3位はOtureの携帯ポンプで、空気入れでは珍しいカーボンファイバーを使用しており、重量は80gと非常に軽量です。
空気入れは高圧になると熱くなりますが、カーボン素材であればその熱を軽減します。
見た目も高級感があり、カーボンフレームのバイクとの相性もいいでしょう。
デュアルチャンバー構造の技術により、小さい力で空気を充填できます。
米式と仏式の2種類のバルブに対応しており、バルブ部分をひねるだけで米式・仏式の変更ができるユニークな構造です。
1年保証もついており購入後も安心です。
人と違う空気入れが欲しい方や、見た目にこだわる方にもおすすめの空気入れです。

Oture 自転車 空気入れ カーボンファイバー製 80g 300psi 軽い力で高圧まで空気が入る 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイク
Oture

携帯ポンプ第4位
BRIDGESTONE(ブリジストン)PMSP81.A

4位はアンカーでもおなじみのブリジストンが発売する空気入れです。
約200gでありながら、空気圧ゲージを搭載している珍しい携帯ポンプです。
T型グリップを採用していますので、空気を入れる際も握りやすく活躍します。
出先のパンク時でも、空気圧を確認しながら空気を充填できるので便利です。
安定した空気入れが欲しい方にもおすすめです。

携帯ポンプ第5位
ID MAX 足踏み式 空気入れ

5位はID MAXのスマートフォンと同様のサイズでありながら、足踏み式を採用している特徴的な空気入れがランクイン。
バルブは米式・仏式に対応し、バルブ接続部分が縦に配置されています。
スチール製の足踏み用ハンドルがついており、さらに足踏み部分に滑り止めが設置され、効率的に空気を入れることができます。
空気圧ゲージも搭載していますが、その独特な形状から、持ち運びには別途バッグなどが必要になる点は注意したいですね。

終わりに

ロードバイクに乗るなら持っておきたいフロアポンプと携帯ポンプの空気入れについてご紹介しました。
それぞれにメリットがありますので、あなたにぴったりの空気入れを選んでみてくださいね。

おすすめグッズ・アイテムの記事

おすすめのグッズやアイテムのまとめやランキング、インプレッションなどを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

ロードバイクのシューズの選び方&厳選おすすめ7選!ロードバイクのサドルの選び方&厳選おすすめサドル5選!【完全ガイド】【おすすめ】ロードバイク好きなら読みたい漫画7選【全部読もう】ロードバイクでロングライドにおすすめのホイール5選と選び方のポイントを解説!【ロードバイク】日本人向けのおすすめヘルメット7選!【全部観たい】ロードバイク好きにおすすめの映画10選【今すぐ走りたくなる】【ロードバイク】ホイールは見た目!?かっこいいホイール14選【集めてみた】ロードバイクのおすすめアクセサリーをたくさん紹介するよ♪【便利で楽しい12選】【必要?】ロードバイク(自転車)の保険おすすめ6つ【絶対入ったほうがいい】【2019最新】ロードバイクのメーカーごとの初心者おすすめモデル【随時更新】ロードバイクにおすすめのリュック6選【選ぶポイントも解説!】【ロードバイク】ロングライドイベントおすすめ14選!【景色や達成感が最高です】ロードバイクのおすすめライト6選!【選び方も解説】【ロードバイク】グローブの選び方とおすすめ5選【厳選】ロードバイクにおすすめのサイコン。迷ったらコレを買っとけ!ロードバイクのチューブってどう選べばいいの?選び方とおすすめチューブ4選ロードバイク用タイヤの選び方と用途別おすすめタイヤなど全8選!【ロードバイク】買ってよかった!おすすめグッズを紹介【随時追加中】【ロードバイク】買ってよかった!おすすめグッズを紹介【随時追加中】おしゃれで高性能なロードバイク用ヘルメット7選!【見た目も性能もGood】【ロードバイクのアクセサリー】プレゼントで欲しいアクセサリー23個!【聞いてみた!】【予算5万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【むしろ安いほうがいい理由】【まとめ】ロードバイク通勤の服装。おすすめのウェア&アイテムも紹介。ロードバイクのおすすめヘルメット。選び方と厳選10選ロードバイクのトレーニング本おすすめ8選【速くなりたいなら読みましょう】ロードバイク初心者におすすめのレース12選【初心者におすすめの条件って?】【ロードバイク】ウェアの選び方!【おすすめのウェアも紹介します♪】【ロードバイク】ペダルの選び方とおすすめペダル4選!【ビンディング?フラペ?】【予算3万円】初心者向け厳選5台!おすすめロードバイク【最初は安くてOK!】【ロードバイクのタイヤ】通勤で使えるおすすめ5選!【ロードバイク】サングラス(アイウェア)の選び方とおすすめ5選【重要アイテム】【ロードバイク】初心者におすすめのホイール12選【初めて替えるならコレ!】