ロードバイクのサングラスでおすすめ全12選を厳選紹介。迷ったらコレを買っとけ! | アフログ

ロードバイクのサングラスでおすすめ全12選を厳選紹介。迷ったらコレを買っとけ!

悩めるネコ
悩めるネコ

ロードバイク始めて3年目。ウェアも揃ってきたしロードバイク用のサングラスでカッコよくて機能もいいやつが欲しい!でも色々ありすぎて・・。おすすめ教えて!

ロードバイクにハマると一度は欲しくなるのがサングラス(アイウェアとも言いますね)!ここではとりあえず迷ったらコレを買っとけ!という定番のサングラスに加えて女性向けや度付きレンズ対応、カジュアル向けのおすすめサングラスを紹介します。

人気の定番おすすめサングラス8選

OAKLEY(オークリー)/ Jawbreaker

ロードバイク向けサングラスの定番ブランドでもあるOAKLEY(オークリー)でラインナップされている「Jawbreaker」は、日光から目を守る優れた保護機能を持つレンズに加えて、ライダーの視野を最大限確保するような設計で人気を集めています。

UVA, UVB, UVC,100%カットし、青色光を400ナノメーターまで100%カットする独自のPlutoniteレンズによって、長時間のライドでもしっかりと目を保護することができます。

HDOレンズテクノロジーを搭載し、裸眼に近い解像度と最小限の歪みによって、路面状況や周囲の環境を速やかに捉えられます。

米国工業規格ANSI Z80.3の高速・高圧衝及び光学テストを大幅にクリアした耐久性も魅力です。

レンズは用意に交換が可能なので、天候などに合わせて最適なレンズで走ることができます。

100% / スピードクラフト

世界チャンピオンにも輝いたペーター・サガンも愛用するブランドでもある100%でラインナップされている「スピードクラフト」には、最先端の技術を搭載することでライダーのパフォーマンスを最大限引き出します。

軽量かつ丈夫なレンズは、周辺視野と保護性能を高める5.5ベース円柱シールドレンズを採用することで、クリアな視界を確保します。

交換可能となっており100%の紫外線保護機能に加え、防水・汚れ防止など、さまざまな点において優れたスペックを有しています。

デザイン性にも優れており、ペーター・サガンと同じブランドということでモチベーションも上がりますね。

OGK KABUTO (オージーケーカブト)/ 121

日本のブランドでもあるOGK KABUTO (オージーケーカブト)でラインナップされている「121」は、日本人の顔の形に合った抜群のフィット感が魅力となっています。

広い視界を確保するレンズは交換も可能で、紫外線透過率を0.1%以下に抑えるなど、目の保護機能も十分。

特殊なレンズコーティングによって、防水性を高め、乱反射を防ぐことで視界が悪くなるのを防ぎます。

軽量かつ耐久性に優れるフレームを採用し、快適性を実現しながらも、激しいライディングにも耐えられるタフさが魅力です。

uvex(ウベックス) / sportstyle 803

ドイツのブランドでもあるuvex(ウベックス)でラインナップされている「sportstyle 803」は、レンズが上部まで拡大してカットされていることによって、視界を広く確保することができます。

ロードバイクで前傾姿勢のポジションを取ったときでも、視界を確保し、安全性を高めています。

搭載されている colorvisionレンズは、色を鮮明にし、コントラストを強調することで路面状況や周囲環境をクリアに判断することができます。

uvex variomatic®テクノロジーによって、光の条件に自動的に反応することで明るさを変化してくれるので、長時間のライドでさまざまな条件が変化する中でもいち早く対応してくれます。

KASK(カスク) / OPEN CUBE

イタリアンブランドでも知られるKASK(カスク) でラインナップされている「OPEN CUBE」は、アジアンフィットモデルになっているため、日本人の顔の形によくフィットするのが魅力です。

KASKのヘルメットとデザイン的に合うような設計を採用し、見た目だけでなく回転式のアームやレンズ上部のベンチレーション加工、ハーフフレーム構造など、優れた機能性を実現しています。

どのような環境下でもレンズが曇ることなくクリアな視界を可能にし、レンズ角度を調整することで自分に合った視界を作り上げることもできます。

RUDYPROJECT(ルディプロジェクト) / DEFENDER

イタリアのブランドでサングラスメーカーとしてお馴染みのRUDYPROJECT(ルディプロジェクト) で販売されている「DEFENDER」は、さまざまなスポーツでマルチに対応する優れた機能性が魅力です。

広い視界を確保し、ソフトなポリマー素材や光学性能に優れたレンズを採用することで、サイクリング中の視界をクリアに保ちます。

パワーフロー・ベンチレーションシステム、セーフティバンパー、インパクトX調光レンズやマルチレーザーレンズといった最先端の技術を搭載し、安全性や快適性、パフォーマンス性能を最大限にまで引き上げます。

Bolle(ボレー) / Shifter

Bolle(ボレー) は、サイクリング用のサングラスだけでなく、工業用でも使われる保護メガネを作るほどの技術力を有したブランドです。

デザインはシンプルですが、カーブド・テンプルや通気穴レンズ、ファントムレンズといった最先端技術を搭載し、機能性を高めることに成功しています。

プロも愛用するブランドで、レンズカーブを6カーブに設定し、着用時の快適性は抜群。

優れた保護性能と軽やかな着け心地でライダーのパフォーマンスをアシストしてくれます。

POC / ASPIRE

スウェーデンの新鋭ブランドでもあるPOCでラインナップされている「ASPIRE」は、最も大きくワイドなフレームとレンズを採用することで、より広い視界を実現したモデルとなっています。

スキーやスノボーで使うゴーグルのような保護性能を持ちながらも、洗練されたデザインで、視界を確保しながら、優れたパフォーマンス性を実現しています。

レンズには光学業界の大手でもあるカールツァイス社が手がけており、歪みの少ないクリアな視界を可能としています。

女性向けのおすすめサングラス

LIV NULLA

台湾のロードバイクブランドでもあるGIANTから、派生した女性向けのシリーズ「LIV」で「NULLA」というサングラスがラインナップしています。

優れた軽量性で抜群の着け心地を実現しながら、女性の顔の形に合わせた設計と、調整可能なテンプル・ノーズがクリアな視界と抜群のフィット感を実現します。

幅広い超広範囲を実現しているので、さまざまなシーンのサイクリングでも、これ1つで対応ができます。

調光レンズのおすすめサングラス

OGK KABUTO (オージーケーカブト) / 121PH

OGK KABUTO (オージーケーカブト)からラインナップされている「121PH」には、ミラーコーティングされた調光レンズが採用されています。

プリズム作用を減少させ、歪みのないクリアな視界を実現するディセンター設計を採用し、紫外線カット(透過率0.1%以下)はもちろん耐久性と軽量性を両立するなど、優れたスペックを持っています。

日本人の顔の形にフィットしやすい形状も魅力的です。

度付きレンズ対応のおすすめサングラス

RUDYPROJECT(ルディプロジェクト) / RYDON

普段メガネをかけている方でサングラスにも度付きのものを求めている場合は、RUDYPROJECT(ルディプロジェクト) の「RYDON」がおすすめです。

視力矯正レンズを装着可能なモデルになっているので、メガネの代わりに使用してサイクリングを楽しむことができます。

最新の素材を使っており、軽量性を実現しながらも、しなやかなフレームによって、顔の形に合わせたフィット感を実現しています。

ちなみに度付きレンズ対応のサングラスはJiNS・眼鏡市場のメガネ屋さんでも販売していてコスパも高くてオススメです!以下の記事に詳しくまとめているので参考にしてみてくださいね。

ロードバイク用の度付きサングラスならJiNSがおすすめ!メガネユーザー必見!ロードバイク用の度付きサングラスを買うなら眼鏡市場がコスパ高くておすすめ!

カジュアル向けのおすすめサングラス

narifuri × H-fusion

街乗りなどでロードバイクを楽しむ方で、あまりスポーツ寄りすぎるサングラスが嫌な場合は、「narifuri × H-fusion 」がおすすめです。

カジュアルでおしゃれなデザインに目を惹かれますが、高い技術力によって、優れた目の保護機能を実現しているため、スポーツでも十分に利用が可能です。

軽量ナイロン樹脂を採用することで着用時の快適性も実現。

中央部が折り畳めるフォルダブル仕様になっているので、コンパクトに畳んでポケットなどに入れることもできます。

こちらもチェック!サングラスのおすすめ記事

ロードバイクのサングラス、メガネの人はどうするの?【◯◯◯が断然おすすめ!】【ロードバイク用サングラス】初心者向けおすすめ5選と選び方ロードバイク用の度付きサングラスを買うなら眼鏡市場がコスパ高くておすすめ!ロードバイクのサングラスでおすすめ全12選を厳選紹介。迷ったらコレを買っとけ!ロードバイクでトンネルを走る時サングラスはどうするの?【◯◯◯◯がおすすめ!】ロードバイク用の度付きサングラスならJiNSがおすすめ!メガネユーザー必見!【ロードバイク】サングラス(アイウェア)の選び方とおすすめ5選【重要アイテム】