【ロードバイク用サングラス】初心者向けおすすめ5選と選び方

https://www.ahuro.com/wp-content/uploads/2019/04/cat3_1_question-e1555534815891.png
悩めるネコ

ロードバイク用のサングラスが欲しい・・!だけど、まだ初心者だしどんなサングラスがいいのか分かんにゃい!

一般的なファッションで使われるサングラスは、見た目で選ぶことが多いですよね。
ですが、ロードバイク用のサングラスにはそれ以外にも、サイズ感や使用用途などを考慮して選ぶ必要があります。
今回はロードバイク用のサングラスで初心者にもおすすめなサングラスを紹介しつつ選び方も説明しますね!

初心者にもおすすめのロードバイク用サングラス5選!

まずは初心者の方におすすめのロードバイク用サングラスをご紹介します。

Oakley(オークリー) “Flight Jacket”

スポーツ用サングラスといえばこのメーカーが第一に挙がるでしょう「オークリー」が発売するロードバイクに特化したサングラスです。「プリズムレンズ」と呼ばれる特殊なレンズを採用しており、視界のコントラストを最大化することで視認性を高めてくれます。

サングラスには珍しい形で、レンズ上部のフレームがないためロードバイクの前傾姿勢でも広い視界を確保できます。加えて、ノーズパッド部分にあるパーツを押せば、サングラス内部の通気性を高めることができレンズの曇りを防ぎます。

一瞬のちょっとした見落としが命取りとなりやすいロードバイクでは、非常に役立つデザインと機能性を持っていますね。テンプルの長さも交換できるため、お持ちのヘルメットに合わせて調整することも可能です。

初心者のうちからこのサングラスを選んでおけば、今後のサングラス選びについて困ることはほぼないでしょう。

OGK(オージーケー) “Binato X”

「オージーケー」は日本のメーカーということもあり、日本人にフィットしやすいロードバイク用サングラスです。
紫外線カット機能に加え、耐衝撃性や耐熱性にも優れており、気軽に使えるサングラスになっています。
レンズのカラーも3種類ありますので、走行する時間帯や気分で変えてみてもいいですね。
ロードバイク用サングラスの中では手頃な価格で入手できますので、「とりあえず1つサングラスを試してみたい」という初心者の方にもおすすめです。

Rudy Project(ルディ・プロジェクト)”Defender”

イタリア製の「ルディ・プロジェクト」が販売する、角のあるデザインが特徴のロードバイク用サングラスです。
レンズの大きさからも想像できるように、視界の広さが売りとなっている一品です。
ライダーの鼻に合わせて変形するノーズパッドを搭載し、テンプル部分もライダーの頭の形状に合わせて調整できます。
レンズ上部に設けられた穴から空気を取り込むことによって、走行中のレンズの曇りも防止してくれます。
転倒による衝撃対策もなされており、サングラスにも安全性を求める方にもピッタリですね。
高いフィット感とノンストレスな使い心地から、初心者の方でも使いやすい高性能なサングラスです。

Shimano(シマノ)”EQX2-PH”

初心者でも扱いやすい安定の「シマノ」のロードバイク用サングラスです。
調光レンズを採用しており、明るさに応じてレンズが変わりますので時間帯を気にせずに使用できますね。
レンズには撥水加工もなされていますので、急な雨が降った時でも視界を確保することができます。
テンプル・ノーズパッド共に変形可能ですので、お持ちのヘルメットとの干渉を防ぎながら、自分にぴったりのフィット感に合わせることが可能です。
アングルも調整可能で、ポジションに合わせて角度を変えることもできますね。
オールラウンドで使いやすいサングラスをお探しの初心者の方、コンパクトなデザインのサングラスをお探しの方にもおすすめです。

BBB(トリプルビー)”Select”

オランダのブランドである「BBB」が販売するスタイリッシュなロードバイク用サングラスです。
ハンマーで叩いでも割れないほどの強度を持ちながら、紫外線を100%カットするレンズを採用しています。
ノーズパッド、テンプル共に手で曲げて調整でき、ライダーにあったフィット感を追求できます。
特別な道具を使わずにレンズ交換もできますので、イメージチェンジを頻繁にしたい方にもピッタリですね。
1枚レンズのサングラスにしては手頃な価格で、コスパにも優れています。
機能性や使いやすさに加えて見た目もかっこよくしたい初心者の方、人とかぶらないサングラスが欲しい方にもおすすめですよ。

ロードバイクにおけるサングラスの役割とは?

ロードバイクにおけるサングラスの主な役割は「ライダーの目を塵や埃から守る」ことです。
主に屋外を走行するロードバイクですので、砂の舞っている場所や小さな虫が飛んでいる地域を走ることもありますよね。
そのようなものが走行中に目に入ってしまうと視界が遮られてしまって、転倒してしまったり事故につながるケースもあります。
安定した視界を確保することで、ライダーを安全な走行に導いてくれるのがロードバイク用サングラスを使用する大きな理由の一つです。

また、一般的なサングラスと同様に、明るい日差しをシャットダウンする役割もあります。
夏場などは日差しも強く、走行する車や建物からの光の反射を受けて眩しい思いをすることが多いでしょう。
加えて、目にダメージを与える紫外線から保護する役割もありますので、ロードバイクに乗るのであれば積極的に活用したいですね。

初心者必見!ロードバイク用サングラスの選び方

ロードバイク用のサングラスにも様々な種類があるため、初心者の方はどのように選べばいいか迷いますよね。
サングラスを選ぶ際は「サイズ・フィット感・使用用途をベースに色や予算で選ぶ」のがおすすめです。
詳細を見ていきましょう。

使用用途からサングラスを選ぼう

「走行中の眩しい光を軽減したい」「かっこいいサングラスが欲しい」など、まずはサングラスの使用用途を決めてから選ぶのがいいでしょう。
初心者のうちは、走行スタイルがはっきりと決まっていないことも多いですので、サングラスを選ぶ目的をはっきりと決める必要はありません。
ただし、普段からよく走る時間帯やコースを意識して選んだ方が、サングラスの活躍の場面が多くなるはずですよ。

サングラス選びは「適切なサイズ・フィット感」を重視

続いては「サイズ・フィット感」で、サングラス選びでもっとも重視すべき項目です。
サングラスを装着してみて、自分の鼻の高さとサングラスのノーズパッドがフィットしているか確認しましょう。
また、テンプル(つる)部分のフィット感も確認しましょう。
サングラスをつけたまま、首を上下左右に動かしてみてサングラスがずれないかどうかをチェックします。
海外モデルのサングラスがフィットしない場合は、日本人の顔にフィットしやすい「アジアンフィットモデル」を試着してみるのもおすすめですよ。
他にも、サングラスを装着した時にヘルメットに干渉しないかや、サングラスのレンズが頬に当たるなどの違和感がないかもチェックしましょう。

色・予算

サイズが合うことが確認できれば、サングラスの色や予算を考えてみるといいでしょう。
「イエロー」「ブルー」あたりがメジャーな色ですね。
イエローのレンズは夜間の走行でも視界を確保しやすく、ブルーのサングラスは昼間の日差しを遮断する効果が高いなどのメリットがあります。
サングラスのレンズにも「調光レンズ」があり、昼間など眩しい時間帯はグレーがかった色になり、暗くなるにつれてクリアなレンズに変わります。
時間帯を気にせずに使えるサングラスが欲しい方におすすめです。

予算に関しても、付け替えのレンズが付いてくるものや1枚レンズで作られたものは高額になりがちです。
ですが、サングラスとしての十分な性能を持っていますので、初心者のうちからでも性能を求めたサングラスを購入したい方にはおすすめです。
手頃な価格で抑えたい場合は、2枚のレンズで構成されたサングラスや、コスパのいいメーカーのサングラスを選ぶのがいいでしょう。

終わりに

初心者向けのロードバイク用サングラスについてご紹介しました。
初めからピッタリのサングラスを見つけるのは難しいかもしれませんが、ロードバイクを楽しむきっかけになれば幸いです。
視界をしっかりと確保して、安全な走行につなげてくださいね。

こちらもチェック!サングラスのおすすめ記事

ロードバイクのサングラス、メガネの人はどうするの?【◯◯◯が断然おすすめ!】ロードバイクでトンネルを走る時サングラスはどうするの?【◯◯◯◯がおすすめ!】【ロードバイク用サングラス】初心者向けおすすめ5選と選び方ロードバイク用の度付きサングラスを買うなら眼鏡市場がコスパ高くておすすめ!【ロードバイク】サングラス(アイウェア)の選び方とおすすめ5選【重要アイテム】