ZwiftのTSSを後から確認する方法 | アフログ

ZwiftのTSSを後から確認する方法

Zwiftでライド終了時にTSSが表示されますが見落としてライド終了してしまうと後から確認することができません。

ということでZwiftのTSSを後から確認する方法をまとめました。

TrainingPeaksを利用しよう

TrainingPeaksというサービスを利用するとZwiftのアクティビティをTrainingPeaksへ同期してTrainingPeaks側でTSSを確認することができるようになります。

無料と有料のプランがありますがTSSを確認するだけなら無料の範囲でできます。

TrainingPeaksへ登録しよう

TrainingPeaksへの登録が必要です。
登録していない場合は以下の記事を参考に登録をしてください。

TrainingPeaks(トレーニングピークス)の使い方。パワートレーニング(パワトレ)を始めよう。

ZwiftとTrainingPeaksを同期しておこう

以下の手順でZwiftとTrainingPeaksを同期するようにしましょう。

※スマホアプリ「Zwiftコンパニオン」での手順です。

ZwiftとTrainingPeaksのFTP設定を合わせておこう

Zwift側のFTPとTrainingPeaks側のFTPを一緒にしておかないとTSSに誤差が出てきます。

TrainingPeaksのFTP設定はTrainingPeaksのスマホアプリから以下の手順で行うことができます。

TrainingPeaksのFTPの設定方法(スマホアプリの場合)

TrainingPeaksへ同期されたアクティビティのTSSが確認できる

同期設定を行ってからZwiftでアクティビティを記録するとTrainingPeaksへ自動で同期され以下のように「FEED」タブでそれぞれのアクティビティのTSSを確認することができます。

同期設定する以前のZwiftアクティビティのTSSを確認する方法

同期設定をする以前(過去)のZwiftのアクティビティのTSSを確認したいという場合もあると思います。その場合はPC版のZwift公式サイトからアクティビティデータをダウンロードしてPC版のTrainingPeaksのサイトへデータをインポートすることによってTSSを確認できます。

PC版のZwift公式サイトへログインする

PC版のZwiftサイトへアクセスしてログインします。

https://zwift.com/ja

Zwiftのロゴをクリックしてアクティビティ一覧のページへ移動する

TSSを確認したいアクティビティをクリックして詳細ページを開く

ギアマークをクリックしてアクティビティデータ(Fit File)をダウンロードする

アクティビティの.fitファイルをダウンロードします。

PC版のTrainingPeaksへログインする

PC版のTrainingPeaksへアクセスしてログインします。

https://www.trainingpeaks.com/

Calendarページへ移動してデータのファイルをドラッグしてインポートする

ログインしたら「Calendar」をクリックしてCalendarページへ移動し、カレンダー部分へダウンロードした.fitファイルをドラッグするとインポートされます。

こちらもチェック!Zwift関連の記事

【Zwift】ミートアップに参加するボタンが出てこない時の条件【検証してみた】【Zwiftの始め方】Zwiftの登録からインストールまで【Zwiftの始め方】迷ったらこの通りにしとけ!おすすめの始め方を紹介するよ!【Zwiftの始め方】とにかく快適にZwiftをする方法【金ならある!】【Zwiftの始め方】とにかく「安く」Zwiftを始める②つの方法【金がない】【Zwift】ミートアップで選べるワールドとコースが大幅拡充!【でも注意が必要】【検証】Zwiftの体重ってライド中に変更したらちゃんと反映されるの?【Zwift】FTPを計測する3つの方法!おすすめは◯◯Zwiftのワークアウトでヒルクライムにおすすめなのはコレ!FTPをアップさせよう♪【Zwift】オリジナルのワークアウトを作成する方法(カスタムワークアウト)ZwiftのTSSを後から確認する方法ZwiftのAlpe du Zwiftの1.5倍が富士ヒルのタイム!?初チャレンジしてみたよZwiftのミートアップを開催する方法と参加する方法【Zwift】あふろミートアップについて