減量(ダイエット)のコツは◯◯を△△して「痩せやすい身体」にする事! | アフログ

減量(ダイエット)のコツは◯◯を△△して「痩せやすい身体」にする事!

自分はロードバイクのレースのために普段トレーニングをしていますがロードバイクに関わらずスポーツでは体脂肪はなるべく減らしたほうがメリットがあります。

特にロードバイクでは坂を登るヒルクライムレースがあり、重力に逆らう必要があるので体重は軽ければ軽いほどいいです。

じゃあ、、食事制限をして体重を減らそう・・という方法になるのが普通だと思います。

が、食事制限による減量(ダイエット)は大きなデメリットがあります!

食事を減らすと痩せにくい身体になる

食事制限に頼った減量(ダイエット)では体脂肪と一緒に筋肉まで落ち、エネルギーが不足により逆にパフォーマンスが下がってしまうという本末転倒の結果になりやすいです。

しかも、、最初は代謝が高い状態のため痩せやすいですがすぐに身体のホメオスタシス(恒常性)という機能が働いて体温を下げたり基礎代謝を下げたりして身体がカロリーを消費しにくくなって痩せにくい身体になってしまい一度食べだしたらすぐにリバウンド!という事もよくあります(泣)

痩せるには「摂取カロリー<消費カロリー」が前提ではありますが食事を減らすだけで痩せようとしてもなかなか大変です。

食事を減らすと回復が遅い・パワーが出ない・弱くなる

食事を減らすということは「栄養も不足気味」になるということです。

栄養が不足するとトレーニング後の回復が遅い、トレーニングでパワーが出ないなどの悪影響が発生してどんどん弱くなっていってしまいます。

なので食事は減らしすぎずに必要な栄養はしっかり取りつつ「脂肪だけが燃焼しやすい身体」にする事が理想なんです!

そこで、、!

次に説明する方法で『脂肪を燃焼しやすい身体に改善』して食事制限に頼らずとも体脂肪を燃焼しやすくできるかもしれません!

痩せやすい身体にするには?

『褐色脂肪細胞』を活性化させるのがカギ

褐色脂肪細胞とは『脂肪を燃焼させる細胞』で、残念な事に加齢とともに数が減っていってしまいます。

痩せやすい身体の人はこの褐色脂肪細胞が多く活性化しやすいのです。

なのでこの褐色脂肪細胞を活性化させる事ができれば食事を減らしすぎなくても体脂肪を落としやすくなるというわけですね!

褐色脂肪細胞を活性化させると、、

  • 基礎代謝が上がる
  • 免疫力が上がる
  • 平熱が上がる(36.5度以上が理想)

ちなみに体温が1度上がると基礎代謝が約13%向上すると言われています!

基礎代謝が13%UP!というのはかなり大きいです。

1300kcalの人なら毎日169kcalも消費カロリーがアップするということです。
体脂肪を1kg落とすのに7200kcal消費する必要がありますが169kcal x 42日間で達成しちゃいます。

基礎代謝が上がればあの10代や20代の頃の食べても食べても太らない夢のような身体に戻れるかもしれません!

食べ物で褐色脂肪細胞を活性化させよう

なんと食べ物で褐色脂肪細胞を活性化させる事ができます!

食べ物を食べて栄養もしっかり取りつつ褐色脂肪細胞が活性化されて痩せやすい身体になるなんて夢のようですね!

褐色脂肪細胞を活性化させやすい食べ物は以下です。
この食べ物をうまく主食や間食など普段の食事に取り入れていきましょう。

褐色脂肪細胞を活性化させやすい食べ物

  • トウガラシ
  • ニンニク
  • ショウガ
  • ミント
  • ワサビ
  • 茶カテキン
  • 青魚
  • チーズ

主食に食べたら良さそうなもの

  • ペペロンチーノ
  • 海鮮丼
  • お寿司
  • キムチ

ペペロンチーノでトウガラシとにんにく、海鮮丼やお寿司で青魚、キムチは3食の副菜などで食べましょう。

この食事なら糖質やタンパク質、ビタミン類などもしっかり取れるので疲労回復やトレーニングにおいてパフォーマンス不足にならなくて良さそうです。

間食に食べるなら

  • ドライ生姜
  • チーズ

飲み物はこれ

  • 緑茶
  • しょうが湯

ちなみにしょうが湯を飲んだ後に体温を測ってみたのですがなんと37度まで上昇していました!軽い微熱ですw

水シャワー(温冷浴)で褐色脂肪細胞を活性化させよう

褐色脂肪細胞は低温の刺激で活性化しやすいので水シャワー(温冷浴)が効果的です。特に肩や肩甲骨周りに褐色脂肪細胞が多いと言われているので肩や肩甲骨周りを中心にしましょう。

水シャワーは急に低温で行うと刺激が強すぎるためぬるま湯くらいの温度にしておいて徐々に冷たくしていくのがコツです。

  1. 湯船に3分浸かる
  2. 肩や背中に温度を少しずつ下げながら水シャワー
  3. 脚と腕にも水シャワー
  4. 1〜3を3回ほどくり返す
  5. 最後は水シャワーで終わりお風呂を出る

肩甲骨周りのストレッチで褐色脂肪細胞を活性化させる

肩や肩甲骨周りの血流を良くしてやると褐色脂肪細胞が活性化されやすいそうです。

毎日休憩がてら少しでもいいので肩甲骨周りのストレッチをするようにしましょう!

でも連日食べ過ぎてたら太るよ!魔法は存在しないよ!

これはとっても大事なことです。

あくまで「痩せやすい体質」になるというだけで「いくら食べても痩せる身体」にはなりませんので普段から食べまくってたら太ります!

魔法は存在しませんのでその点はちゃんと意識して普段の食生活や運動を心がけましょう!

ダイエットの関連記事

【自転車ダイエット】2ヶ月でマイナス5kg!成功のコツと失敗するNG行動【自転車ダイエット】アプリ「あすけん」で食事管理がカンタンに!食事管理が成功のカギ自転車にいくら乗っても(運動しても)ある条件を満たさないと痩せないあすけんあすけんでダイエット成功!【2ヶ月で61kg→56kgのマイナス5kg達成】自転車ダイエットは痩せない?ウソ?ホント?【答え&失敗パターン⑤つ&成功パターン③つ】自転車ダイエットでお腹は凹むよ!ぽっこりお腹の原因とダイエットのポイントロードバイクでダイエットする時のメニューは?【期間と食事】減量(ダイエット)のコツは◯◯を△△して「痩せやすい身体」にする事!