Intervals.icuで「ライドのeFTP」をチェックして成長具合を観察しよう | アフログ

Intervals.icuで「ライドのeFTP」をチェックして成長具合を観察しよう

悩めるネコ
悩めるネコ

トレーニングしてるけど成長してるのかいまいち分からないのよね・・

あふろ
あふろ

Intervals.icuのライドのeFTPをグラフ化してみるとなんとなく見えてくるよ!

ライドのeFTPとは

フィットネスページにカスタムチャートでライドのeFTPのグラフを追加できます。

Intervals.icuはライドのログ(アクティビティ)のパワーデータから「このライドで推定されるeFTP」を自動で算出してくれます。

ライド中のパワーから計算されるのでライドごとに「ライドのeFTP」は変わります。

高いパワーで走れば高く出て低いパワーで走れば低く出ます。

ライド全体がゆるめであったとしても高いパワーで走った部分があればライドのeFTPは高めに出ます。

なので「ライドのeFTP」が以前と比べて高く出る事が多くなっていれば前よりも高いパワーで走れるようになっていると捉える事ができます。

ただし時期によってトレーニングのメニューの内容や強度が違う人は時期によって差が出やすいので同時期での比較をするようにしたほうがいいかもしれません。(例えば冬は低強度しかやらない人など)

年間を通して同じような内容のトレーニングを行っている人は比較がしやすいと思います。

自分は最近は年中トレーニングはZwiftがメインで時期によって強度を変えるという事もあまりしないので比較がしやすいです。

Intervalsでの設定

フィットネスページの「▼」の「カスタムチャート」を選択
チャートを追加を選択
プロットを追加を選択してこんな感じの設定にするとおすすめです。

こちらもチェック♪intervals.icuのおすすめ記事

Intervals.icuで「ライドのeFTP」をチェックして成長具合を観察しようIntervals.icuの新たな指標「ポラライズド指数」Intervals.icuでeFTPとTTEを確認しよう【Intervals.icu】Power/HR Z2をグラフ化して成長できてるのか確認しよう!intervals.icuのCompare機能で色々なデータの変化を比較できるよIntervals.icuの使い方。ロードバイクのトレーニング管理に。Intervals.icuのアクティビティ一覧で練習強度に応じて自動色分けする方法Intervals.icuでシーズン設定してeFTPの推移を見てみたIntervals.icuのIntervals機能でパワーの推移を分析できるぞIntervals.icuでゾーン毎の滞在時間を見る方法Intervals.icuにアクティビティをマニュアルエントリーする方法intervals.icuのW’balグラフを表示してちゃんと追い込めたかチェックしよう!intervals.icuに登録してStravaと接続する方法intervals.icuで他のアスリートをフォローする方法