Stravaがサブスクリプション向けの新機能を発表!無料機能の多くが有料に! | アフログ

Stravaがサブスクリプション向けの新機能を発表!無料機能の多くが有料に!

2020年5月19日にStravaが大幅なアップデートを発表しました。

内容はサブスクリプション(有料プラン)向けの新機能の発表無料機能のを有料化するよ~というものと、サブスクリプションの形態変更というものです。

サブスクリプションの機能の詳細についてはこちらにまとめてみましたので参考にしてみてください

【2020最新】STRAVA(ストラバ)のサブスクリプション(有料版)でできる事まとめ!

サブスクリプション向けの新機能

  • ルート機能が大幅にアップデート。ルート推奨機能がiOSとAndroidにも追加されました
  • ライドマッチ:同一ルートでのライドのパフォーマンスを、比較分析する機能が追加されました
  • iOSのトレーニングログですべてのトレーニング履歴をチェックできるようになりました
  • ワークアウト分析がすべてのアクティビティタイプで可能になりました
  • Grade-Adjusted Pace (GAP)が、iOSとAndroidでもチェックできるようになりました
  • 近日アップデート:セグメントでの新しいランキング方法が追加される予定です

無料から有料化した機能

  • セグメントの全体リーダーボード(トップ10までは無料でご覧いただけます)
  • セグメントエフォートの比較、フィルタリング、分析機能
  • strava.comでのルート作成機能(改良されたマップとセグメント対応)
  • ランニングマッチ:同一ルートでのランニングのパフォーマンス分析
  • Androidとウェブのトレーニングログ
  • 月毎のアクティビティの傾向チェックと比較

その他アップデート

  • フィードでの表示順で、パーソナライズ仕様か時系列順かを選択できるようになりました
  • 不自然なセグメントエフォートの自動フラグ。誤ったKOMやQOM、CRを一掃!
  • Apple Watchへのアップロードと、Apple ヘルスケアとの同期の改善
  • ログを停止し忘れたまま車に乗っちゃった?モバイルアプリでアクティビティの切り取り機能を追加
  • すべてのアクティビティで、経過タイムと移動時間が表示されるようになりました
  • パワーやケイデンス、水泳でのストロークレートの分析機能をアップデート

サブスクリプションの「Summitパック」を廃止して一つに

新機能が満載のサブスクリプションですが、価格は今までと同じ!シンプルで分かりやすい内容にするため、Summitのブランドと各種パックを廃止しました。Stravaは無料でご利用いただくか、サブスクライブしてフル活用するかという、シンプルな選択になります。

Strava.com

今まではサブスクリプションの機能が「分析パック」「トレーニングパック」「セーフティパック」の3つに分かれていてどれか一つだけなら年間2,500円と月200円ちょっとで使えてたんですが今回のアップデートでパックという概念は廃止になったみたいですね。シンプルで分かりやすく!とは謳ってますが実質値上げみたいな感じですね。分析パックだけでOKみたいな人も多かったはず。

パック一つだけで契約してた人はおそらく次回の更新時に料金が増えちゃうと思うので注意ですね~。

サブスクリプションの機能の詳細についてはこちらにまとめてみましたので参考にしてみてください

【2020最新】STRAVA(ストラバ)のサブスクリプション(有料版)でできる事まとめ!

ルート推奨機能は良さげ

ルート推奨機能ってなんぞや?と思って調べたらスマホアプリの「探索」の「ルートを探索」にありました。

①スタート地点、②自転車orラン、③走りたい距離、④平坦or坂道、⑤舗装路or未舗装路の条件を指定するとおすすめのルート候補を表示してくれます。

現在地をスタートにすることもできるので今日は「100kmほど走りたいな~」みたいな時にルートを探したり、初めて行く土地であらかじめルートを決めておきたい時などに便利かもですね。

ルートをマイルートへ保存できるのですが「対応デバイスと同期」の星マークにチェックしておくとGarminなどの対応デバイスへ自動でルートが同期されるみたいで便利ですね~。

▲保存したルートはスマホアプリでも使えるみたいです。サイコン持ってない人にもおすすめ

▲スマホでも自分でルートを作成することができるみたいです。道を指でなぞる感じで描くみたいです。一応始点と中継点をタップすれば自動でルートが描かれます。でも描いたルートの途中を修正することができないのでちょっと使いにくいな~。ちゃんとルート作るならパソコン版がいいかもですね。

そもそも有料じゃないとルート作成できないとなるとRide with GPSとか使ったほうがいいと思いますね。

「Ride With GPS」の記事一覧

Ride With GPSが日本語に対応してたよRide with GPSでブログやホームページへルートを埋め込む方法ルートラボのルートをRide with GPSのルートへ入れる方法スマホでRide with GPSからガーミンにルートを送る方法Ride with GPSからガーミンにルートを送る方法【PCでGarmin Expressを使う場合】【2020最新版】Ride with GPSの使い方【ロードバイクのルート作成!ルートラボの代替に!】

セグメントでの新しいランキング方法が気になる

近日アップデートとのことなので詳細はまだ不明ですがランキングの方法が追加されるみたいですね。もしかして車種別(E-bikeとか)ですかね?

無料会員はリーダーボードが10位までしか見れなくなった

SNS上でもこの話題で少し盛り上がってる感じでした。無料会員はトップ10のタイムしか見れなくなったみたいです。自分のランクは見れるみたいですけどね。

Stravaがここまでユーザーが増えたのはセグメントでのランキング機能のおかげだったと思うんですが無料だとトップ10しか見れないとなるとちょっと残念ですね~。

セグメントの誤ったKOMやQOM、CRが一掃された

明らかにおかしいタイムのKOMやQOMってありましたもんねー。これは嬉しいアップデートですが本当に実力で獲ったKOMなのに誤認識されて消されちゃった豪脚の持ち主とかいるかもしれないですね。

ちなみにZwift上のセグメントからも怪しい記録は消えてるようです。(ちょっと気になってた記録があったのですが確認したら消えてました)

サブスクリプションの機能の詳細についてはこちらにまとめてみましたので参考にしてみてください

【2020最新】STRAVA(ストラバ)のサブスクリプション(有料版)でできる事まとめ!

こちらもチェック!Strava(ストラバ)関連の記事

Stravaに他のサービスのルート(gpx,tcx)を取り込む方法【2020最新】STRAVA(ストラバ)のサブスクリプション(有料版)でできる事まとめ!StravaのMyルートをGarminで使う方法【Edge530で解説】Stravaがサブスクリプション向けの新機能を発表!無料機能の多くが有料に!Strava(ストラバ)Summitのパワーカーブで推定FTPを調べよう!【FTP計測しなくてもイイの!?】Stravaで作ったルートをGarminConnectへ入れる方法【ルートラボの代替】Strava(ストラバ)のルートビルダーがかなり使える!【ルートの作成方法も紹介】StravaのFitness & Freshnessの使い方。パワートレーニング(パワトレ)を始めよう。Stravaプレミアム(Premium)のFitness & Freshnessがなかなか良い