ゴールデンチーター(GoldenCheetah)のStrava同期で過去のデータを取り込む方法 | アフログ

ゴールデンチーター(GoldenCheetah)のStrava同期で過去のデータを取り込む方法

ゴールデンチーターでStravaと同期してデータを取り込むことができますがデフォルトでは直近のデータしか取り込まれません。

さらに過去データも取り込む方法を紹介します。

ゴールデンチーターとStravaを同期させる方法はこちら

ゴールデンチーター(GoldenCheetah)とStravaを連携してデータを自動で取り込む方法

ゴールデンチーターでStravaの過去データを取り込む方法

▲ゴールデンチーターを起動してメニューの「Share」の「Synchronise Activites」の「Strava」を選択します。

▲上のようなメニューが出てくるので「Download」タブにします。

▲取り込みたい期間を設定して「Refresh List」をクリックしてしばらく待つとリストにデータが表示されます。

▲「Select all」のチェックをクリックしてリストを全て選択、「Download」をクリックします。

▲Stravaからデータがダウンロードされてインジケーターが100%になったら取り込み完了です。

こちらもチェック!ゴールデンチーター(GoldenCheetah)のおすすめ記事

ゴールデンチーター(GoldenCheetah)のPMCで任意の期間(シーズンとフェーズ)を設定する方法ゴールデンチーター(GoldenCheetah)とStravaの同期機能が修正されていました【2019年12月11日】ゴールデンチーター(GoldenCheetah)でアクティビティ中の各ピークパワーを調べる方法ゴールデンチーター(GoldenCheetah)の使い方。パワートレーニング(パワトレ)を始めよう。ゴールデンチーター(GoldenCheetah)とStravaを連携してデータを自動で取り込む方法ゴールデンチーター(GoldenCheetah)のStrava同期で過去のデータを取り込む方法【ゴールデンチーター】3ヶ月間のゾーン滞留時間を調べてみた【ゴールデンチーター】3ヶ月間のゾーン滞留時間を調べてみた【修正されました】ゴールデンチーター(GoldenCheetah)とStravaの同期ができなくなっている件