96gの超軽量サドルに変えてみた | アフログ

96gの超軽量サドルに変えてみた

EMONDA DISCのサドルを96gの中華軽量サドルに変更。

Emondaを発注した時から軽量サドルにする予定だったけど完成車で注文したのでBontragerのサドルから変更不可だったので納車されてからの変更。

ELITA ONE 240mm x 143mm(7x9mmカーボンレール)

変更前のサドルは「Bontrager Verse Pro 270mm x 145mm」で、変更後のサドルはアリエクで売っている「ELITA ONE 240mm x 143mm」の7x9mmレール

Bontragerのサドルはレールのサイズが7x10mmなのでサドルクランプも7x9mmのものに変更してやる必要がある。

7x9mmのサドルクランプはこちら

7x9mmのサドルクランプは色がシルバーしかないのでブラックから変わってしまうのが少し残念だけど取り付けてしまったらそんなに気にならないかも。

中華サドルの実測重量は写真を取り忘れたけどピッタリ96gだった。

Bontragerのサドルは実測202gでカタログ重量より重い・・。

サドルクランプは7x10mmが28g、7x9mmが26g

サドルでマイナス106g、クランプでマイナス2g、合計マイナス108gとなった。

変更して乗ってみたら特に違和感なく乗れてむしろ変更前よりも乗り心地が良い!

ショートノーズなのでエアロフォーム取った時の圧迫も少ない。

ヒルクライムでも全然ペダリングしやすい。

このサドルはカミパックさんが軽量バイクを組んだ動画で紹介していて意外と良かったと言われていたけどその通りだった。

まあサドルは人によってかなり合う合わないがあると思うので、もし合うならかなりコスパが良いサドルかなと!

耐久性については自己責任でw

こちらもチェック♪サドルのおすすめ記事

ロードバイク用サドルの人気ランキング7選!サドルを変えるメリットは?選び方は?自転車のサドルカバーおすすめ11選を目的別で紹介するよ!ロードバイクのサドル調整でサイクリングをもっと快適にしようロードバイクでお尻が痛い人はサドルを交換してみよう!交換方法も解説!【最新】ロードバイクのサドルおすすめ17選を用途別に紹介【迷ったらコレにしとけ!選び方も解説】96gの超軽量サドルに変えてみたロードバイクのサドルでクッション性の高いおすすめを紹介!ロードバイクのサドルでお尻が痛くないやつはコレ!【サドル交換で快適にロードバイクを楽しもう】ロードバイクのサドルが痛い理由はサドルじゃない!?理由は◯◯◯だから!ロードバイクのサドルが高すぎるとどうなるの?【こんな事になるぞ】フィジークのサドルを徹底解説!快適なロードバイクサドルを手に入れよう!