第30回 ちくさ高原ヒルクライム大会 Bクラス10位 | アフログ

第30回 ちくさ高原ヒルクライム大会 Bクラス10位

恒例のちくさ高原ヒルクライム。

年々レベルが上がっているローカルな大会だけど今回はコロナの影響もあってレースが少なかったせいか200人の定員がいっぱいとかでBクラスに70人近くもエントリーしてて今回もレベルが高そうな悪寒。

ちなみにBの優勝タイムは32分台だったのだが、かつてのBクラスの穏やかなリザルトはいずこへ(笑)

コースは前半がかなり平坦で後半斜度が一気に上がりヒルクライム区間に、でも途中少しだけ平坦が登場して最後1kmが10%以上の激坂!というプロフィール。

なので最初は集団で脚を温存して後半のヒルクライム区間で頑張るのがセオリー。

いつもはAとBもまとまってスタートするのだが今回は人数が多いのでAとBクラスで分かれてBが最初にスタート。

最初は集団でまったりするかなと思ったらいきなり2名が逃げる。

自分は集団で4倍未満でまったりして後半のヒルクライム区間約20分強を5倍目標でアゲアゲする予定だったのについつい逃げを追いかけてしまいたくなり集団の先頭で引きまくってしまった。

あとでデータを見返したら最初の1/3を245W約4.5倍で踏んでいた。

そうなるとサラ脚で20分5倍ちょっとが限界の自分が残りを5倍で踏めるはずがなくHC区間で一気に上がる集団に付いて10分ほど5倍で踏んだらその後平坦に入った途端に脚が終わって失速という感じに。

残り2kmで先頭は3名、そこから少し離れて4名の集団、自分の少し前に1名、自分が9番目という感じ(あとで動画見た)

脚が終わって一人タラタラ走っていると後ろから3名がやってきて残り1.5kmあたりで抜かれて12番目に落ちてしまった。

このままだとさらに順位が落ちてしまいそうだったので気合を入れ直してラスト1kmから踏み直す。

徐々に前を走っている3名が近づいてきた。

そのうち1名はアタックして飛び出していった。

残った2名に追いついたので頑張ってアタック気味に抜き返して心を折る。徐々に抜くと絶対付いてこられるのでこういう時はキツイけどかなり頑張ったほうがいい。

さっき飛び出していった1名の背中が見えるので頑張って踏むけど向こうもかなり踏んでいるようで全然届かず10位でゴール。

終わってみてセオリー通り走ればもう少しタイムは縮んだかな~?と思ったけどそれでもせいぜい5位あたりだろうな~。

最初から全逃げして勝てるくらいにならないと優勝なんてムリなのでまだまだ頑張らねーばー。

ちなみに前日から現地でキャンプ。

レース後のBBQ。

こちらはしっかり優勝!