第12回 高取城・戦国ヒルクライム(2020) | アフログ

第12回 高取城・戦国ヒルクライム(2020)

クラス5位/総合16位
体重:56.2kg(起床時)
NP284W / 5.05倍

AP268W / 4.76倍

リザルト

奈良県高取町の城下町から高取城跡までの舗装路を自転車でヒルクライムをしてシューズを履き替え城跡まで徒歩で登って完走。という変わったイベントに初参加!(成績は自転車で走った区間のタイム)

コロナ禍で色々なイベントが中止になってしまった2020年、開催してもらえただけでもありがたい貴重なレース。

出発

2時頃に起床。

体重を測ると56.2kgで調整がうまくいったっぽい。
なんだかんだでレース時は56kgくらいになるはず。

自宅から3時間くらいで着くので前日入りはせずに当日の3時過ぎに出発。

スタートの3時間前の6時頃までには朝食は済ませておきたいので前日に近所のコメダ珈琲で買ったようかんをとりあえず食べてコンビニでさらにようかん1個とどら焼き2個を買って少しずつ食べながら奈良を目指す。計800kcalくらいと短いヒルクライムレースなら充分。ちょっと食べすぎたかな?

6:30頃に現地に着いたので受付の高取町役場の5キロほど手前にあるコインパーキングへ一旦止めてアップがてらコースのスタート付近まで行って軽く試走してスタートのイメージを掴んどく。

軽く回してるつもりでも4倍出るので調子はかなり良さそう。

受付

会場に着いたら受付を済ましてアップ用のジャージから最近お気に入りのマグロジャージに着替る。

計測チップは足首に巻くタイプでヒルクライムレースでは珍しい気がする。

着替えたら登山用のシューズを入れた下山用のリュックを預けて会場で開会式に参加してみんなでコースへ移動。

スタートの30分前にスタート地点に着いたら待機。天気が良すぎて暑い。秋で良かった・・。

5分くらい前からスタート地点へグループごとに並ぶ。

今回はA~Dのグループに分かれていてAから順に2分ごとにスタート。

自分はBグループだったのでAグループがスタートして2分後にスタート。

コースプロフィール

全体は6kmほどで約400m登る。といっても最初の2kmくらいはアップダウンや平坦メインで後半4kmで一気に登るので登り区間は実質4km(平均8%)。

上位のタイムは例年だと18分~19分くらいだが最初の2kmは集団で4分くらいかかるので実質14~15分のヒルクライム。さらに言うとゴール手前500mくらいから一旦下ってスプリント的に登り返してゴールという展開のため登り区間は実質13~14分くらいなのである。

You tubeで見た所ゴール前の下りはクネクネして道も悪いので変に踏まずに脚をしっかり休めて登り返しで思い切り踏んだほうが良さそうだった。

作戦としては最初の2kmは集団で温存、13~14分全力、下りで脚を休めて最後は1分ほど気合でヒルスプリント。である。

こうやって区間を分けて考えると19分登るんじゃなくて「13~14分登るだけ」と少し短く感じるので自分はいつもそうしている。

レース展開

スタートの合図と同時にみんなが猛ダッシュ!

スタート地点は5%くらいの登りになっていて少しスタートしにくい。クリートキャッチをミスってしまってまあまあ後方から追いかける形に。ネットタイム制でタイムを稼ぐため少し遅れてスタートしようかな?とも考えていたのでまあ特に問題はなかった。

グロスタイムだとクリートキャッチミスは単に脚を使うだけでいい事なしなのでクリートキャッチの練習はしといたほうがいいなあ。

スタートのプチ坂をダッシュで登るとすぐに下りになるので少し先にいる先頭まで徐々に詰めていく。

先頭を捉えたのであとはドラフティングで少しでも脚を温存させてもらってヒルクライム区間へ。

ヒルクライム区間に突入すると一気に強度が上がり先頭は6人の集団に。

集団は5.5倍くらいの強度で登っていくのでキツイ・・。

自分ともう一人がジリジリと離されて5分くらいして完全に千切れる。

その後一緒に千切れた人と走ってたけどケイデンスが低くて「うんしょうんしょ」という感じでキツそうに踏んでいたので最後までこのペースでは持たないだろうなぁと観察。

様子を見てキツそうな所で抜く。

抜き際に少し強めに踏んだらタレてくれたのでそのまま見えなくなるまで突き放しておいた。(ずっと付かれると精神的にきついので)

いい感じに撮ってもらいました

この時点で前にいる4位の人の背中が見えなかったせいか少し脚がゆるんでしまったのが反省。

一人旅状態はついゆるんでしまうので危険!

特に後半の斜度が全体的にきつく、瞬間的に20%くらいの所もあって脚にクル。ケイデンス落ちるとシッティングはきついのでダンシングで体重をかけてなるべくパワーが落ちないように踏む。

後ろの人は別カテゴリーの人

結局4位の人には追いつけずに残り600m辺りから下りへ突入。

下りはやはりウネウネしてて路面が悪くてとても危なくて踏めないので安全に流して登り返しになったら200mほど思いっきりヒルスプリントしてゴール。

城跡へ登って完走

息も絶え絶えに荷物を受け取りシューズに履き替え城跡へ登るw脚がぷるぷるで登れんw

城跡のてっぺんでチェックポイントか何かがあってそこで完走チェックをするのかと思ったら何もなしw

別に登らなくても良かったんじゃ・・。

でも城跡は緑がいっぱいで涼しくて最高!

結果は入賞でもなくうーんという感じだったけど、身体や脚の調子はよく今までの自分からすると上出来で今年の練習の成果を感じた。

今まではこのレベルのレースだと良くて10位前後。

5位とか考えられなかったなぁ。

あともう少しで上位陣とバチバチできる土俵が見えるかな?といった所なので引き続きがんばるどー。