週末に参加予定のファンライド鏡野が雨っぽい。
今後のためにも雨天装備を自分なりにまとめとく。

個人的に重要なポイント

  • 動きやすい
  • 蒸れない
  • 冷えない
  • お尻とシューズにしみ込まない

ベースレイヤー

雨が降ると冷えるので汗冷えしにくいメリノウール素材のベースレイヤーがおすすめ。
自分はCafé du Cyclisteのベースレイヤー
冬用ベースレイヤーとしても使っていて暖かいのに暑くならない冷えない。超イイ。
岡山のクルールというお店で買いました。
モンベルのジオラインも評判いいみたいです。

あ、ケチってユニクロのヒートテックだけはやめたほうがいいです。汗で冷えまくって風邪ひきます。

レインウェア

レインウェアは蒸れないようにとにかく「通気性」が良いものがおすすめ。
ゴアテックスが最強らしいですが高い。
自転車用に設計されてる通気性の高そうなレインウェアがいいです。
モンベルのレインウェアとかいいかもです。
あと動きやすいかも重要。

自分はRaphaのCore Rain Jacket
大雨には向いてないけど少しの雨なら◎
軽量でジャージの背中にも収まるので雨降りそうな時のライドにも持っておけます。
脇下に通気孔があるので通気性もそこそこ。
あと見た目がオシャンテーなので普段着でも着れます。

レインパンツ

レインウェアと同じく動きやすくて通気性が高いものが良さそうですがお尻に雨がしみ込んでこなければ割と大丈夫なのでそこまで大雨じゃなければ100均のレインパンツをひざ上でカットしたものでもよいかも。

シューズカバー

ロード用のシューズは雨がすぐしみこんでくるのでシューズカバー必須です。
シューズに雨がしみ込んだら最悪です。テンションダダ下がりです。

おすすめはモンベルのシューズカバー
軽量で超コンパクトで、超大雨でも全然しみ込みません。
取り付けも簡単なので背中に入れておいて雨が降ってきたらさっと取り付けれます。

あとveloTOZEのシューズカバーもありますが取り付けが難しいのと歩くと破れたりするのでレース以外ではおすすめしません。

コンビニ袋と輪ゴムでも代用できます。
クリート部分に穴あける必要がありますが。

泥除け

泥除けがあるとお尻や背中への泥跳ねを抑えられます。
後ろを走る人への配慮にもなるかと。
軽量でサドル裏へ収納できるASS SAVERSがおすすめです。

アイウェア

アイウェアは晴れの日でも必要ですが雨の日は視界が悪くなるので透明レンズがおすすめです。

グローブ

夏ならまだいいですが、雨の中ダウンヒルとかすると結構手が冷えてブレーキやシフトコントロールが難しくなります。
指きりじゃない秋冬グローブがあったほうがいいです。
防水じゃなければ前の日に防水スプレーかけておきましょう。

補給

雨で体が冷えるとエネルギー消費が激しいので体温も下がるしハンガーノックになったりします。
ジェルやようかんなどで補給し続けるほうがいいです。

その他

  • サイクルキャップ
  • ネックウォーマー
▼このページをシェアする