サイクル耐久レース2017 in 岡山国際サーキット 3HチームDE2位

仲の良い練習仲間と3時間の部に3人チームで出場。
目標は表彰台、結果はなんと2位!

3人なので一人ざっくり1時間ずつ。
ただし2時間組が終了する時間帯はピットクローズとなり交代できないため2番目のBさんが1時間とピットクローズ解除するまでプラスで1~2周。
ラストは自分でなんとか最後にスプリントまで絡めたらなぁ。
という予定だった。

スタートバッターのWさんは仕事の関係でレース経験が少ないためか、めちゃめちゃ緊張してたけど無事1時間のノルマを終えて帰還。
その後Bさんも交代ダッシュをうまく決めて集団に。

と、思ったら途中で逃げた人たちを追ってしまったらしく、ちょうどそのタイミングで集団のスピードも一時的に上がって3周目くらいで帰還。
エンデューロのような大集団で走るのは初めてだったのでこれは仕方ない。

とりあえず自分へバトンタッチして集団へ追いつこうとダッシュしてみたが自分の脚力では追いつけなかったので平均速度が落ちる前に3周でピットイン。

LAPCLIPを見てみるとチームで2位。
どうやらチームで集団に残ってるのは1つだけのようだ。
4位以下は1ラップついているので3位内はカタイ。
自分たちと3位の差は3分くらい。
このまま2位をキープして逃げ切る作戦に。
2周ずつ全力走して交代すれば平均速度をそこまで落とさずに回せそうなので2周ずつ交代することにした。

しかし、自分の番で2時間のピットクローズが!
なかなかピットクローズ解除されず4周走ることに。
さすがに4周となると2周全力のペースより落ちてしまい3位のチームがじわじわタイムギャップを詰めてくる。

残り10周位になったところで2位と3位の差が1分くらいになっていた。
どうやら3位のチームは集団を作ってハイペースで追い上げてきているらしい。

残り4周。自分の番に。
逃げ切ることは難しそうだったので全力ダッシュはせず、後ろから来ている3位のチームがいる集団にあえて合流。
番号を覚えていたので集団内をチェックしてみると案の定居た。
ずっと走っていたらしく集団についていくのが結構しんどそう。
自分は交代したばかりなのでまだ脚が残っている。
このまま集団でゴールまでいければスプリントでさせそうだったのでなるべく脚を温存しながら走る。

と思ったら残り3周くらいのところで後方から自分たちを追い抜いていく集団が。
これは!と思って飛び乗ってみたら正解でどうやら1位の集団だったらしい。
少しペースが早いが付いていける感じ。
しばらくして後ろを見ると3位のチームは見当たらない。
どうやら千切れたらしくこの時点で2位を確信。
あとは何事もなくゴールまでいければ。
残り2周から集団のペースが速くなる。
もう脚があまり残っていなかったので無理をせず離れる。
ラストの周回はなるべく平均速度を落とさないように走って最高速43km/hというヘナヘナのスプリントを決めてゴール。

同じ時期に始めた同期と言える練習仲間と色々作戦など考えたりしながら勝ち取れた準優勝なのでとても感慨深い。