ロードバイク初心者におすすめのSPDシューズ!ビンディングを始めよう | アフログ

ロードバイク初心者におすすめのSPDシューズ!ビンディングを始めよう

ビンディングはシューズとペダルを固定して、より効率の良いペダリングを行うためのアイテムです。ロードバイク初心者が慣れてくると「そろそろビンディング始めてみようかな」と考え始めるのではないでしょうか。

足とペダルを固定すると聞いて不安に思う人も多いかもしれませんが、そんな方には「SPD」という種類のビンディングがおすすめです。

今回はロードバイクのビンディングに関する基本的な知識やおすすめのSPDシューズを紹介していきます。

ロードバイクのビンディングについて

ビンディングとは、シューズとペダルを固定した状態で走ることによって効率的なペダリングを可能にするアイテムです。
ビンディングペダルとビンディングシューズに取り付けたクリートと呼ばれる器具を固定して使用します。

①ビンディングのメリット

ビンディングのメリットとしては、より効率的なペダリングや脚の力をよりペダルに伝えやすくできるという点にあります。
一般的なフラットペダルでは、足を上から下に踏み込むときにしか力を加えることができません。ビンディングだと足とペダルが固定されているため、足を引っ張り上げる力もペダルに加えることができます。
そのため、より円運動に近い効率的なペダリングが可能となり、固定されていることによって踏み込んだパワーをよりダイレクトに伝えることができます。

②ビンディングのデメリット

ビンディングのデメリットとしてはやはり足とペダルが固定されているため「立ちゴケ」のリスクが生じることです。固定された状態でバランスを崩してしまった場合、地面に足を着くことができないためそのまま転倒してしまいます。
ビンディングが初めての人はこの「立ちゴケ」が怖くて、中々導入に踏み切れない部分もあると思います。
ビンディングの脱着をスムーズに行えるように安全な場所などで練習を繰り返すといいでしょう。

ビンディングの主な種類

ビンディングにはいくつかの種類があり、それぞれの種類にあったシューズとペダルを用意しなければなりません。種類ごとの互換性は基本的にないため、ビンディングを始めるにはまずこの種類を理解しておく必要があります。
今回ご紹介するのは、初心者から幅広く使われている「SPD」「SPD-SL」、そして上級者向けの「Speed Play」の3つです。
それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

①SPD

SPDは主にマウンテンバイク向けにラインナップされているビンディングです。シューズに取り付けるクリートが小さいというのが特徴で、脱着が用意で初心者にも扱いやすいというのが特徴です。

②SPD-SL

SPD-SLはロードバイク向けに使用されているビンディングです。専用シューズに大きめのクリートを取り付けて、シューズとペダルをがっちりとホールドするのでより効率的なペダリングが可能となります。
ただシューズの底面にクリートが大きくはみ出すような形になるので歩きにくいといったデメリットもあります。

③Speed Play

Speed Playはレース志向のライダーに使用されることが多いタイプのビンディングです。円形のペダルにクリートを取り付けるタイプで固定力の高さに定評があり、細かい調整も可能です。価格もお高めなので上級者向けですが、ビンディングにより高い性能を求める人におすすめです。

SPDの特徴について


ビンディングの種類の中で紹介した「SPD」ですが、初めてのビンディングは間違いなく「SPD」がおすすめです。
ここでは、SPDのメリットについて詳しくまとめていきます。

①歩きやすい

SPDで使用されるクリートはシューズの底面に収まるような設計になっているものが多く、ロードバイクを降りた後も歩きやすいという特徴があります。
サイクリングだと走るだけではなく、行った先々で観光を楽しむこともあるでしょう。
そういった際にSPDの歩きやすさは大きなメリットとなります。

②フラットペダルでも利用可能

クリートがシューズの底面からはみ出していないという特徴から、フラットペダルでも難なく使えるというメリットもあります。SPDペダルの中には片面がビンディングで、もう片面がフラットペダルというタイプもあり、シーンに応じて使い分けることもできます。
街中を走る時はフラットペダル、サイクリングにはビンディングペダルといった使い方ができるのもSPDの魅力です。

③脱着が容易で不安感がない

SPD-SLなどと比較して固定力が弱いというのは走行面でのデメリットになってしまいますが、それでも初心者にとっては簡単に脱着できる方が立ちゴケなどの不安も少なくなります。

④シューズにカジュアルなものが多い

ビンディングシューズというとスポーティーでレーサーっぽいデザインのシューズが数多くありますが、SPDシューズではスニーカーに近いようなカジュアルなものも多数ラインナップされています。
カジュアルな服装で走りたい人にぴったりですね。

おすすめのSPDシューズ5選

ここからはおすすめのSPDシューズを5つ紹介していきます。扱いが用意なSPDシューズを購入してビンディングデビューをしてみてください。

①クローム FW-113

アーバンスポーツブランドの「クローム」が販売しているスニーカータイプのSPDシューズです。クールでカジュアルなデザインはもちろん、ペダルへのパワーロスを防ぐ堅めのソールなど機能面でも優れているシューズです。
底面にSPD用のクリートを装着できる設計にしており、サイクリングだけではなく、普段使いのスニーカーとしてもおすすめです。

②シマノ CT5

日本を代表する自転車部品メーカー「シマノ」から販売されているSPDシューズです。普段使いのスニーカーとしても使えるカジュアルなデザインに加え、ソールの内側に搭載されてシャンクプレートによってパワーロスを防ぎます。SPD用のクリートを取り付けれればサイクリングにももってこいな多用途シューズです。

③tiebao

主にマウンテンバイク向けのSPDシューズをラインナップしているメーカーの「tiebao」。ゴツゴツとしたデザインでスニーカーとしても使用可能です。リーズナブルな価格の商品も多く、ロードバイク初心者にもおすすめです。

④GIRO RUMBLE VR

ロードバイク向けのヘルメットでお馴染みのアメリカブランド「GIRO」でラインナップされているSPDシューズです。サイクリングだけではなく、ハイキングやトレッキングにも使用できる万能性を兼ね備えたスニーカーでもあり、カジュアルなデザインで普段使いにもおすすめです。

⑤シマノ SP500G

こちらはシューズではなくどちらかといえばサンダルに近い商品です。通気性は抜群で夏場のライディングにもってこいです。ロードバイクに乗る中で足が蒸れることもありません。

まとめ

ロードバイクに乗り慣れてきてそろそろビンディングにチャレンジしてみようかと思っている人はSPDから始めて見るといいでしょう。初心者でも扱いやすくデザイン性に富んだラインナップも魅力的です。
SPDシューズで走りとおしゃれを両立してみてください。

こちらもチェック!シューズのおすすめ記事

【ロードバイク用シューズ】Bontrager Velocis Road Shoe(ボントレガーヴェロシスシューズ)のインプレッション【ロードバイク】シューズのおすすめ20選!を用途別に紹介するよ!選び方や種類も徹底解説!ロードバイク初心者におすすめのSPDシューズ!ビンディングを始めよう