ロードバイク用のリュックもおしゃれに!おすすめリュックとデザイン以外で選ぶポイントは? | アフログ

ロードバイク用のリュックもおしゃれに!おすすめリュックとデザイン以外で選ぶポイントは?

サイクリングだけではなく、街中での移動にロードバイクを使っている人も多いでしょう。そんな時に必要になるのが荷物を運ぶための「リュック」です。

リュックにもいろいろありますが、やはりロードバイクに適したリュックもありますし、普段使うのであればおしゃれな方がいいですよね。

今回はロードバイク用に使える機能的かつおしゃれなリュックを紹介していきます。

日常移動でロードバイクに乗るならリュックはおしゃれな方がいい

健康や体力の維持を気にして街中での移動をロードバイクで行う人が増えていますよね。最近では、自転車通勤をする人も増えており、サイクリング以外でロードバイクに触れる人もいるでしょう。

そんな中必要になるのが「リュック」です。仕事や学校で使う荷物を背負ってロードバイクに乗るためには必要不可欠です。

リュックにもさまざまな種類があり、デザイン性に優れたものから、アウトドアやスポーツに適した機能的なものもあります。

ただ、普段使いのロードバイクという観点でリュックを選ぶのであれば「機能性」と「おしゃれ」は両立させたいですよね。

実はロードバイク向けにその2つを両立させたリュックはたくさんラインナップされています。

デザインも重要だが機能性も無視できない

普段使いのロードバイクという視点でリュックを選ぶには、おしゃれだけではなく機能性も重要視しなければなりません。では、ロードバイク用のリュックにおける「機能性」とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここではロードバイク用のリュックに適した特徴を3つ挙げていきます。

①背中の通気性は超重要

リュックを背負った状態でロードバイクに乗っていると背中に大量の汗をかきます。リュックと背中が密着した状態で体を動かすので、当然蒸れますし、風が通りにくいと汗をかいてしまいます。

夏場は特に汗をかいてしまうので、ロードバイク用のリュックには背面の「通気性」が求められます。
リュックの構造として背中とリュックの背面に隙間を作り風を通りやすくしているものや、メッシュ素材を使用することで通気性を高めている商品があります。

ロードバイク用のリュックを選ぶ時には、背中が当たる部分がどのようになっているかをチェックしてみてください。

②防水機能/防水カバーの有無

ロードバイク用のリュックとして「防水性」はかなり重要です。ロードバイクに乗っている中で突然雨が降ってくることもありますし、中に入れた荷物が濡れてしまわないように防水機能の高いリュックが必要になります。

また、汗によって中身が濡れてしまう可能性もあるので、そういった意味でも防水性が求められます。

特に仕事などでバソコンやタブレットなどをリュックに入れて持ち運ぶ人はリュックの防水性に拘った方がいいでしょう。

また、リュックの素材だけではなく、レインカバーが付いているかもチェックしてみてください。

③体にフィットするかどうか

ロードバイクで使用するリュックでは「装着感」が重要となります。体を動かす中でリュックが上下左右に揺れてしまうようだと体に負担がかかってしまいます。肩ベルトなどがしっかりと調節できるものやウエストベルトで体に固定できるものを選びましょう。

運ぶ荷物の量に応じてリュックの「容量」を選ぶ

リュックの大きさは中に収納できる荷物の「容量」によって判断できます。「L(リットル)」という単位で表されているので、これを元に必要な大きさのリュックを選びましょう。

当然容量が大きいとリュックも重くなっていきます。普段持ち運ぶ荷物の量に対して必要な容量を持ったリュックを選んでください。

ロードバイク向けのおしゃれなリュックを紹介

ここからは普段使いにおすすめなロードバイク向けのリュックを紹介していきます。機能性とデザイン性を両立したおしゃれなリュックを紹介していくので、ロードバイク用のリュックを探している人は参考にしてみてください。

インケース CITY COMPACT BACKPACK

Appleの公認アクセサリーブランドとして有名な「インケース」。ノートパソコンやタブレットなどのガジェットを持ち運ぶことが多い人におすすめなリュックです。

シンプルな外観ながらも、中はさまざまなガジェットを収納するためのスペースが確保されており、使いやすさは抜群ですし、360度パッドによって荷物をしっかりと保護してくれます。

クローム URBAN EX ROLLTOP

「クローム」はアーバンサイクルカルチャーをコンセプトに都会的でファッショナブルなデザインと抜群の機能性が持ち味のブランドです。

背面にはパッドを備えることで群れを防止し、全体的に撥水性を高めるデザインと軽量性が魅力的です。

ロードバイク乗り向けに設計された頑丈さとスタイリッシュな外観はまさに都市生活で走りまくるライダーに適した商品です。

ノースフェイス シャトルデイパックスリム

コンパクトで薄型、スタイリッシュなデザインが魅力的な人気ブランド「ノースフェイス」のリュックです。高級感と耐久性を両立した素材を使用し、ビジネルからカジュアルまで幅広い用途で使えるシンプルなデザインが魅力的です。

ノートパソコンもすっきりと収納できる形状や背負い心地を追求してデザインされた背面構造や肩ベルトも魅力的です。

シマノ T-17

自転車部品メーカーの「シマノ」がサイクリストのことを考えて設計したリュックです。見た目のデザイン性だけではなく、ロードバイクに乗った時のことを考えたディティールが凝縮されています。

背面には通気性に優れた凹凸のデザインによって空気を通しながら熱を逃し快適な状態をキープします。リュック全体は撥水性に優れた素材を使用しており、レインカバーも本体に収納しています。

ノートパソコンやタブレットなども収納しやすい形状で普段使いにぴったりなリュックです。

コートエシエル  Isar Rucksack

フランス生まれのブランド「コートエシエル」はすっきりとしたデザインに抜群の収納性が魅力のリュックです。パソコンやタブレット、小物などのガジェット類もしっかりと収納できる上に、こだわりを感じるスタイリッシュなデザインが魅力的です。

ビジネスユースにもおすすめですし、ノートパソコンを持ち運ぶ人にも適しています。

まとめ

ロードバイクで街中を走るなら使うリュックは機能性とデザイン性を両立したものを選んでおしゃれに街を走ってみてください。
ロードバイク向けに作られた快適さと、スタイリッシュでおしゃれなデザインを眺めながら自分に適したものを選んでみましょう。

こちらもチェック!リュックのおすすめ記事

【最新】ロードバイクのリュックおすすめ16選を用途別に紹介しちゃうぞ【選ぶポイントも徹底解説!】ロードバイク用のリュックもおしゃれに!おすすめリュックとデザイン以外で選ぶポイントは?