前々からStravaのプレミアムプランが気になっていたので思い切って年間登録してみた。
お試しで使ってみたらFitness & Freshnessという機能をはじめ結構良さそうだったので。

Fitness & Freshnessとは

こちらに詳しく書き直しました。

 

ゴールデンチーターのPMCと同じような事ができる。

  • フィットネス
    体力とかレベルとかを表す。
  • 疲労
    言葉のままで疲労を表す。
    フィットネスより高ければ疲労が貯まってると言える。
  • フォーム
    調子やコンディションを表す。
    フィットネスから疲労を引いた値なので、0~20くらいのプラスが疲労が抜けていて体力も高いと言える状態かな?

用語としてはゴールデンチーターより分かりやすいかな。

 

ほぼ全自動で管理

stravaにアップしたパワーデータや心拍数のデータから自動で算出してくれる。

自分はGARMINとstravaを接続して連動させているのでGARMINで記録してしまえば自動でstravaへアップロードされるのでほぼ全自動で管理できる。

stravaのMyパフォーマンスで設定できるFTP(持続可能体力値)を元にフィットネスの値は算出されているらしくFTPの値を適当に変えたとしても疲労とフォームは変わらなかったので疲労とフォームに関しては過去のデータを元に相対的に算出しているぽい。

なのでFTPをこまめに測ったりしなくてもフィットネスの上がり下がりによる頑張り度を自分比で比較できるし、疲労やコンディション(フォーム)の管理も割と正確にできそうなので結構使えそう。

 

過去の振り返りや未来予測が可能

この記事を書いてる今日のフォームはマイナス6で体感に結構近く少し疲労は貯まってる。
明日はフォームは+9となるようだけど、確かにそれくらいに回復しそうな感じ。

ちなみにグラフをマウスで辿ると過去のあの日の疲労はどうだったのか?や、未来日の予測もある程度できる。

グラフを明日(木)の位置に合わせるとフォームは+9。
明日はそこそこ走るので金曜にはフォームがマイナスになるだろうから金はレストしておいて土曜にガッツリ走ってフィットネスを上げる。

いやーなかなかstravaプレミアムいい。

 

スマホで見る方法

実はいまのところスマホのアプリではFitness & Freshnessを見れない。
見る方法はスマホでStravaのサイトへアクセスすること。

  1. Stravaへアクセスする。
  2. ログインしていなければログインする。
  3. 右上のメニューから「トレーニング」>「Fitness & Freshness」へ進む。

こんな感じで画面が出てくるので、、

画面を横に回転させるとフォームまで確認可能。

 

Google Chromeを使っていれば「PC版サイト」として見る機能があるのでこれを使うほうが見やすいかもしれない。

グラフも一応タップすると過去日や未来日の情報を確認できる。

 

詳しくまとめてみた

なかなか良いのでちゃんとまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください。

StravaのFitness & Freshnessでトレーニングの負荷・疲労・コンディションを管理する

▼このページをシェアする