自分のCTLよりも30~50ほど上の負荷(TSS)を3ヶ月間かけ続けると最初はTSB(疲労)がマイナス続きだが3ヶ月経つ頃にはプラスになる。
例えば現在CTL100なら1日平均140TSSくらいになるようにトレーニングする。
多分これ以上の負荷だと疲労に耐えれないかもしれない。

実際同じような事をやってみると分かるけど最初の頃と3ヶ月後ではかなり走れるようになるし、練習後の疲労感も全然違う。

やっぱりコンディションを上げていく期間は疲労ありきで、適度に疲労しないと強くはならないということかなぁ。

競輪のオリンピックのブノワ監督も「毎日練習したほうがいいですか?」という問いに「絶対したほうがいい。疲れたからといって回復していたら強くならない。」と言ってた。

とりあえず身体を作るには3ヶ月くらいはかかることが分かった。

■シミューレーション

 

▼このページをシェアする
カテゴリー: トレーニング理論