現在CTL106。
去年CTL100に届かなかった頃には100TSS/日のペースでは回復が追いつかないと思っていた。
ただ理論上CTLが上がればTSBの下がり値や回復も早くなるらしい。

今現在、過去1ヶ月間が120TSS/日のペースだけど回復が追いついていない感じはしない。
CTLが60くらいだった3ヶ月前は100TSSのトレーニングをこなすと翌日は疲労が残っていたが今は100TSSだと翌日は少し回復している感じがするし、データ的(TSB)にも回復する。

CTLとTSSによるキツさの目安

CTLによって同じTSSでもキツイと感じる目安が変わってくるらしく以下のような感じ。
例えばCTL60だとTSS100が「キツい」と感じるがCTL150だと同じTSS100でも「楽」と感じるとの事。

TSS キツさ CTL60 CTL100 CTL130 CTL150
+50%〜+100% キツい 90 150 195 225
+25% ややキツい 61 101 131 151
−25% 45 75 98 113

ツールに出場するような選手はシーズンオフにCTL180くらいまで積み上げてシーズン入りの時にはCTL150くらいまで疲労を回復させてから臨むそう。
Peaks Coaching Group Japanが掲載してたツール・ド・フランスのパワーデータによると1ステージで190TSSほどらしく180TSS/日を少なくとも42日間トレーニングで体験しているわけだから選手にとってはトレーニング期間中の「日常」と変わらない。
そりゃ毎日過酷なステージを走れますわ。

▼このページをシェアする
カテゴリー: トレーニング理論