Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「セーフティパック」について徹底解説! | アフログ

Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「セーフティパック」について徹底解説!

Strava(ストラバ)の有料プランSummitとは?

Stravaには無料プランと有料プランがあり有料プランのことを「Summit」といいます。

以前はStravaプレミアムという名前で1つの有料プランに色々な機能が含まれていたのですが2018年8月より「Summit」に生まれ変わり用途に合わせた3つのパックに機能が分散されました。

  1. トレーニング(スマートにトレーニングを行い目標を達成するために必要なツールと情報。)
  2. セーフティ(みんなが安心できる Beacon を使用して、新しい道やトレイルをさらに探索。)
  3. 分析(専用の GPS デバイスや心拍数モニタ、パワーメーターからさらなる情報を取得することができます。)

3つのパックはそれぞれ別々に契約をすることができ1つだけでも2つでも3つ全部でも選べます。もちろん料金も契約するパック数に応じて変わります。3つ全てのパックを契約すると割引が効きます。

パック1つにつき月額300円または年間2,500円、3パックだと月額800円または年間6,300円で3パックの年額払いなら最大34%の割引が適用されます。

自分にとって必要なパックを選べるのでかなり安く始める事ができます。

「セーフティパック」について解説!

セーフティパックではアクティビティ中の自分の位置を共有する機能や自分がどのルートをよく走っているのかなどの振り返りができます。

Beacon

Beacon(ビーコン)とはアクティビティ中の自分の位置を友人や家族など事前に設定しておいた人にリアルタイムに共有できる機能です。(設定できる人数は最大3人まで)

特にソロでライドによく行く人は使っておくと安心ですね。

Beaconの仕組みと使い方

Stravaのスマホアプリで事前にBeaconをオンに設定して位置情報を知らせたい人の連絡先を最大3つまで選択しておきます。(スマホの連絡先に事前に登録しておく必要があります)

連絡先に指定する人はStravaアプリを入れてなくてもStrava自体に登録していなくても大丈夫です。

アクティビティを開始する時に連絡先に設定した人へ位置情報が分かるURLを送るかどうかを聞いてきます。連絡先に携帯電話番号が入っていればショートメッセージで送ることができるようです。

URLを受け取った相手は↑こんな感じで地図上で位置をリアルタイムに確認することができます。

パーソナルヒートマップ

パーソナルヒートマップは指定した期間にどこをどれだけ走ったのか?を地図上でヒートマップ化してくれる機能です。

自分がどのルートをよく走っているのかやそういえばココも走ったなーと振り返る事ができます。

まあ何か役に立つか?と言えば微妙ですがお遊び的な機能としては面白いんじゃないでしょうか。

こちらもチェック!Strava(ストラバ)関連の記事

Strava(ストラバ)Summitのパワーカーブで推定FTPを調べよう!【FTP計測しなくてもイイの!?】Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「セーフティパック」について徹底解説!Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「トレーニングパック」について徹底解説!Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「分析パック」について徹底解説!Stravaで作ったルートをGarminConnectへ入れる方法【ルートラボの代替】Strava(ストラバ)のルートビルダーがかなり使える!【ルートの作成方法も紹介】StravaのFitness & Freshnessの使い方。パワートレーニング(パワトレ)を始めよう。Stravaプレミアム(Premium)のFitness & Freshnessがなかなか良い