Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「トレーニングパック」について徹底解説! | アフログ

Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「トレーニングパック」について徹底解説!

Strava(ストラバ)の有料プランSummitとは?

Stravaには無料プランと有料プランがあり有料プランのことを「Summit」といいます。

以前はStravaプレミアムという名前で1つの有料プランに色々な機能が含まれていたのですが2018年8月より「Summit」に生まれ変わり用途に合わせた3つのパックに機能が分散されました。

  1. トレーニング(スマートにトレーニングを行い目標を達成するために必要なツールと情報。)
  2. セーフティ(みんなが安心できる Beacon を使用して、新しい道やトレイルをさらに探索。)
  3. 分析(専用の GPS デバイスや心拍数モニタ、パワーメーターからさらなる情報を取得することができます。)

3つのパックはそれぞれ別々に契約をすることができ1つだけでも2つでも3つ全部でも選べます。もちろん料金も契約するパック数に応じて変わります。3つ全てのパックを契約すると割引が効きます。

パック1つにつき月額300円または年間2,500円、3パックだと月額800円または年間6,300円で3パックの年額払いなら最大34%の割引が適用されます。

自分にとって必要なパックを選べるのでかなり安く始める事ができます。

「トレーニングパック」について解説します!

目標のカスタマイズ

タイムや距離、パワーなどの目標を設定できます。

目標がある人とない人では明らかに差が出ます。

自分がギリギリ届くか届かないかの目標を設定するとトレーニングが捗るのでおすすめですよ!

距離または時間の週間・年間目標の設定と進捗の確認ができる

自転車・ラン・スイムそれぞれに距離か時間による週間目標と年間目標を設定できます。

目標を設定すると進捗が分かりやすくグラフで表示されます。

年間目標も進捗を自動で計算してくれて遅れていたら◯kmの遅れと表示されるので分かりやすいです。

区間目標を設定できる

stravaの区間ごとの目標タイムも設定できます。
また期日も設定できるので意識が高まりますよ。

区間目標をFacebookやTwitterのSNSでシェアすることができるのでシェアをして宣言することで自身にプレッシャーをかけるという事もできますね。

パワー目標を設定できる

パワーメーターを付けていれば時間ごとの平均パワーの目標を設定できます。

例えば20分の平均パワー300Wを2020年6月1日までに目指す!という設定ができます。

トレーニングプラン

サイクリスト向けとランナー向けにトレーニングプランが色々と用意されていますが2020年12月現在では日本語には対応していません。

そのせいかstravaのサイトで言語を日本語にしているとトレーニングプランのボタンがありません。トレーニングプランのページはこちらからどうぞ

用意されているプランから好きなプランを選んで開始すると毎日メールでワークアウトの情報が届くようです。

プランを開始する時に週に3回ライドする、週に4回ライドする、といった感じで1週間の運動量を基準にプランをある程度カスタマイズもできます。

プランを開始するとカレンダーである程度のプランの概要も確認ができます。

レース分析(タイム比較)

区間のタイム比較で好きな人のタイムと比較ができます。

「ここでペースが落ちたのか~」とか「この辺りは追い上げれたんだなー」といった事がよく分かります。

自分より速い人や走るのが上手い人と比較するとどういうペースで走っているのかが自分と比較できるのでとても参考になります。

また過去の自分のタイムのデータとも比較できます。

フィルタ付きリーダーボード

区間のリーダーボードで年齢グループ別または体重クラス別でのランキングを見ることができます。

こちらもチェック!Strava(ストラバ)関連の記事

Strava(ストラバ)Summitのパワーカーブで推定FTPを調べよう!【FTP計測しなくてもイイの!?】Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「セーフティパック」について徹底解説!Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「トレーニングパック」について徹底解説!Strava(ストラバ)の有料プランSummitの「分析パック」について徹底解説!Stravaで作ったルートをGarminConnectへ入れる方法【ルートラボの代替】Strava(ストラバ)のルートビルダーがかなり使える!【ルートの作成方法も紹介】StravaのFitness & Freshnessの使い方。パワートレーニング(パワトレ)を始めよう。Stravaプレミアム(Premium)のFitness & Freshnessがなかなか良い