【図解】ロードバイクのチェーンリングの外し方をSHIMANO(シマノ)DURA-ACE(デュラエース)FC-9000で解説 | アフログ

【図解】ロードバイクのチェーンリングの外し方をSHIMANO(シマノ)DURA-ACE(デュラエース)FC-9000で解説

ロードバイクのクランクからチェーンリングを外す方法をSHIMANO(シマノ)のDURA-ACE(デュラエース)FC-9000を使って解説します。

シマノなら105やアルテグラなども同様の方法で外せると思います。

必要な道具

  • T30トルクスレンチ

チェーンリングのボルトを外すためにはT30のトルクスレンチが必要です。
自分は↓これを使っています。

チェーンリングの外し方

↑裏側にチェーンリングを止めているボルトが4つあります。
このボルトをT30トルクスレンチを使って外します。

↑時計回りに回すと外れます。

↑インナーチェーンリングを裏側から外します。
力も要らず簡単に外れると思います。

↑パイオニアのパワーメーターが付いているクランクの場合はパワーメーターが邪魔でアウターチェーンリングが外せませんのであらかじめパワーメーターのボルトも外しておきます。このボルトは2mmの六角レンチ(アーレンキー)で外せると思います。

↑アウターチェーンリングは表側から外します。状態によっては少し力が要ると思います。パイオニアのパワーメーターが付いている場合は少しパワーメーターを浮かせましょう。

↑こんな感じでアウターチェーンリングが外れます。

↑チェーンリングをすべて外した状態です。

以上、チェーンリングを外す方法でした。

こちらもチェック!修理・メンテナンスのおすすめ記事

自分がやってるロードバイクの洗車方法自分がやってるロードバイクの洗車方法【図解】ロードバイクのブラケットカバーの交換方法(外し方とはめ方)【図解】ロードバイクのチェーンリングの外し方をSHIMANO(シマノ)DURA-ACE(デュラエース)FC-9000で解説