フィジカルの重要な指標の一つにパワーウエイトレシオというものがあるが、パワーウエイトレシオを上げるためには、

  1. パワーを増やして体重を減らす
  2. パワーを維持して体重を減らす
  3. 体重を維持してパワーを増やす

の3通り。

1ができればベストだけど自分の場合なかなか難しい。

今、体重が56kgでBMIは20.32なのだが体重を55kgのBMI19.96にするとなぜかパワーが落ちてしまってレシオとしては56kgのほうが高いことが多い。

多分、(今現在)自分は56kgが適正なのかもしれない。

プロロードレーサーのBMIはクライマーの選手でも意外と20を切っている選手が少ない。

逆にホビーレーサーでヒルクライムが得意な人はBMI18台〜19が多くてガリガリだ。

おそらく違いは筋肉量の差と思われる。

両者とも体脂肪率は一桁だけど、筋肉量の差でプロのほうがその分体重が重いんだろう。でもその筋肉量は体重差を補うパワーを提供する(のかな)。

何が言いたいのかよく分からなくなってきたけど、自分としては56kg以下にはせずにパワーを増やしていくようにしたほうが良さそう。(ご飯を減らしたくないだけ)

▼このページをシェアする