パワーメーターを付けると今の自分の限界のワットが大体分かってくるので自然と限界のワットでは踏まなくなってくる。

しんどいし脚が終わって辛くなるのが分かるからセーブしようとする。

これがある意味パワーメーターの弊害かなと思っていて、限界を超えたければ限界以上に踏み込んでいかなと限界を超えることはないのでなるべく踏んだほうがいい。

と、意識すると逆にパワーメーターがあるとあえて踏むこともできるので弊害が弊害でなくなる。

最近ちょっとした登りとか信号のない直線の平坦ではなるべく目標としているワットで踏むようにしている。

今の目標はFTPを280W(56kgで5倍)まで上げたいのでちょっとした短い登りでも280Wで踏んでいる。というか長い登りだとずっと280Wでは踏めないけど。。
平坦でも信号がない直線なら踏んでいる。
登りのほうがスピードが出にくいので安全に踏める。

現在のFTPが250~255Wくらいなので280Wだとキツイので長くは踏めない。

けどしつこくやってると少しずつ踏める時間が増えたり最初より楽に280Wを出せるようになってきた。

260Wくらいだとずっと踏めそう。ってことはFTP260Wくらいには上がってるかも。

このまま続けてればFTP280Wになるかなー。

▼このページをシェアする
カテゴリー: トレーニング理論